2022年11月16日

今年7~9月期GDP 年率換算でマイナス1.2% 4四半期ぶりのマイナス成長

今年7月から9月までのGDP=国内総生産は、年率換算で1.2%の減少となりました

4四半期ぶりのマイナスです

内閣府が発表した7月から9月期のGDPは「実質」で前の期と比べ0.3%のマイナスとなりました

年率に換算すると1.2%の減少で、4四半期ぶりのマイナス成長になりました

3年ぶりの行動制限のない夏休みでサービス消費の大幅な増加が期待されましたが、新型コロナの感染第7波の影響で、個人消費が伸び悩んだことなどが影響しました

また、輸入が大きかったことがGDPを押し下げました

内閣府は「国内の企業から海外企業への広告マーケティング関連の支出が大きかった」ことが輸入増加の要因だとしています

後藤大臣は談話を発表し、「民需を中心として景気は緩やかに持ち直しているという姿に変わりはない」とし先行きについては「総合経済対策を含めた各種政策の効果もあって、景気が持ち直していくことが期待される」とコメントしています

一方で、「物価上昇が続く中で、家計の実質所得の減少や企業のコスト上昇など、家計・企業を取り巻く環境には厳しさが見られ、さらに、欧米において金融引締めが続く中で、世界的な景気後退懸念に注意が必要である」とも指摘しています

一方、大和証券のチーフエコノミスト・末廣徹氏は今後の先行きについて、▼コロナ第8波で再び個人消費が伸び悩む可能性▼旅行や飲食店などサービス消費の現場での人手不足が供給制約となる可能性があると話しています

(この記事は、TBSニュースデグの記事で作りました)

円安による輸入品の値上げ・原材料費のコスト増、各種の物価上昇などが消費の低迷などになっています

新型コロナウイルスの感染「第8波」やインフルエンザとの同時流行の懸念されます

これらでの景気後退も・・・


GDP――〈小さくて大きな数字〉の歴史

GDPは経済だけでなく、政治にも大きな影響力がある
GDPの歴史と影響力について解説
posted by june at 12:24| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米IT大手のリストラ相次ぐ

米IT大手のリストラが相次いでいますね

「時代」の潮流に乗り急成長を続けてきた米IT大手・・・

いわゆる「IT課税」などが導入されるなど目立った成長をしてきました

しかし、この米IT業界でリストラの波が・・・

イーロン・マスク氏が買収し最高経営責任者(CEO)に就任したツイッターは全従業員の半数

社名を改称したメタ(旧フェイスブック)は1割強

アマゾンは従業員1万人程度の削減を計画

などとリストラの流れが・・・

景気後退で収益が圧迫されてきたため他にもさまざまな「手段」で収益減対策を講じている

一方でリストラはシステムの誤動作の危険、管理の徹底の不備などの危険もはらむ


ITロードマップ 2022年版

シンクタンクの野村総研がIT業界を研究・分析・調査し近未来を予想しまとめました
posted by june at 11:24| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、10月の米卸売物価指数の伸びが市場予想を下回ったことを好感し、反発した

15日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、10月の米卸売物価指数の伸びが市場予想を下回ったことを好感し、反発した

終値は前日比56ドル22セント高の3万3592ドル92セント

ハイテク株中心のナスダックは162.19ポイント高の1万1358.41




15日(日本時間)の日経平均株価は小幅に反発し、終値は前日比26円70銭高の2万7990円17銭


前週末まで急上昇していた米国株が前日は下落した流れを受け、朝方は安く始まった

ただ、米利上げペースの減速期待は根強く次第に買いが優勢となった

中国のゼロコロナ政策の修正観測も相場の下支えとなった


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:06| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の人口が80億人に 12年間で10億人増

世界の総人口が15日、国連の推計で80億人に達した

2010年8月から10億人増えた

今後も増え続け、2030年には85億人になる見通し

ただ、増えている国はアフリカやアジアなど一部地域への偏りが顕著で、日本のように少子高齢化などの課題を抱える国も多い

国連の「世界人口推計」によると、今年7月1日現在、最も人口が多いのは中国で14億2588万人

だが、2位のインド(14億1717万人)が来年にも中国を抜く見込みだ

3位以下は米国3億3829万人▽インドネシア2億7550万人▽パキスタン2億3582万人――と続く

日本は1億2395万人で11位となっている

(この記事は、朝日新聞DIGTALの記事で作りました)

世界人口は80億人になったようです

国別人口はいずれインドが中国を抜き1位になるとは以前からいわれていましたが、今年の7月1日時点ではかろうじて中国が最多のようです

ただし来年にもインドが中国を抜く見込みのようですが・・・


歴史人口学で見た日本〈増補版〉

歴史人口学から見た日本史を解き明かす
posted by june at 04:30| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月15日

プロ野球、ゴールデングラブ賞

守備の「ベストナイン」を記者投票によって選出する、第51回三井ゴールデン・グラブ賞が14日、発表された

初受賞はセ・リーグ5人、パ・リーグ2人の計7人で、表彰式は29日に行われる予定

両リーグを通じての最多得票は231票を獲得したセ・リーグ捕手部門のヤクルト・中村悠平捕手で、2年連続3回目の受賞となった

セ・リーグ投手部門では広島の森下暢仁投手が初受賞

一塁手は日本ハム時代に4回受賞している巨人・中田翔内野手が移籍後初受賞で自身5回目

リーグ2連覇を果たしたヤクルトからは遊撃のレギュラーを獲得した長岡秀樹内野手と、外野手・塩見泰隆外野手がともに初受賞となった

その他、142試合に出場した中日・岡林勇希外野手も初めて選出された

二塁手で10年連続10回目の受賞となった広島の菊池涼介内野手は、セ・リーグ最多連続(山本浩二氏・広島)、最多受賞記録(山本浩二氏・広島、駒田徳広氏・横浜、古田敦也氏・ヤクルト、宮本慎也氏・ヤクルト)に並んだ

パ・リーグ最多得票は投手部門で225票を獲得したオリックス・山本由伸投手で、2位以下を213票引き離し2年連続2回目の受賞

捕手で受賞のソフトバンク・甲斐拓也捕手は6年連続6回目

西武・源田壮亮内野手は遊撃手で5年連続5回目となった

初選出はロッテ・髙部瑛斗外野手と、オリックス・福田周平外野手だった

【受賞者一覧】
■セ・リーグ
●投手
森下暢仁・広島(初)
●捕手
中村悠平・ヤクルト(2年連続3回目)
●一塁手
中田翔・巨人(初)※パ・リーグで過去4回受賞
●二塁手
菊池涼介・広島(10年連続10回目)
●三塁手
岡本和真・巨人(2年連続2回目)
●遊撃手
長岡秀樹・ヤクルト(初)
●外野手
塩見泰隆・ヤクルト(初)
岡林勇希・中日(初)
近本光司・阪神(2年連続2回目)

■パ・リーグ
●投手
山本由伸・オリックス(2年連続2回目) 
●捕手
甲斐拓也・ソフトバンク(6年連続6回目)
●一塁手
中村晃・ソフトバンク(3年連続3回目)
●二塁手
外崎修汰・西武(2年ぶり2回目) 
●三塁手
宗佑磨・オリックス(2年連続2回目) 
●遊撃手
源田壮亮・西武(5年連続5回目) 
●外野手
髙部瑛斗・ロッテ(初)
辰己涼介・楽天(2年連続2回目)
福田周平・オリックス(初)

(注)
左から名前・球団名(回数)
敬称略


(この記事は、TBSニュースデグの記事で作りました)


ベースボールマガジン別冊早春号:三井ゴールデングラブ賞半世紀 2022年3 月号

守備のスペシャルウィーク・ゴールデングラブ賞の50年のレ紀伊を振り返る
posted by june at 13:33| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロン・ティボー国際音楽コンクール、亀井聖矢さん・ピアノ部門1位

若手音楽家の登竜門として60年の歴史を誇るロン・ティボー国際音楽コンクールのピアノ部門で、日本の亀井聖矢さんが優勝しました

フランス・パリで13日に行われたロン・ティボー国際音楽コンクールで、愛知県出身で桐朋学園大学4年生の亀井聖矢さんが、韓国のイ・ヒョクさんと共に1位に選ばれました

亀井さんは主に日本国内で活動していますが、今後はヨーロッパへの留学も考えたいということです

また福井県出身で桐朋学園大学に通う重森光太郎さんは4位に入賞しました

(この記事は、FNNプライムオンラインの記事で作りました)

2019年に行われた前回のピア ノ部門で三浦謙司さんが優勝しており、日本人のq2大会連続優勝
posted by june at 11:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日の日経平均株価の終値は前週末比300円安の大幅下落

14日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、終値は前週末比300円10銭安の2万7963円47銭だった

(この記事は、日経新聞の記事で作りました)

300円超の大幅下落

前週末11日に817円高と大幅に上昇していたため、短期的な過熱を警戒した利益確定目的の売りが優勢だった

日経平均への寄与度が高いソフトバンクグループ(SBG)が大幅に下落したこともある

東京外国為替市場で円相場が一時1ドル=138円台後半まで円高・ドル安が進み、自動車など輸出関連株の一角が売られたほか、訪日客(インバウンド)関連の一角もさえなかったのもある

朝方は小幅に上昇する場面も・・・。

前週末11日の米国株式市場で主要株価指数が上昇し、海外短期筋などの買いが先行したのだが・・・

前週末の日経平均株価の大幅上昇への警戒があったようだ


東証再編 経営、投資の大変革

今年(2022年)4月の東証再編でどう変わるのか
経済や投資などへの影響・変化を検証する
posted by june at 10:18| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、取引終盤に前週の相場急伸を受けた利益確定売りが強まり、反落した

14日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、取引終盤に前週の相場急伸を受けた利益確定売りが強まり、反落した

終値は前週末211ドル16セント安の3万3536ドル70セント

ハイテク株中心のナスダックは127.11ポイント安の1万1196.22




14日(日本時間)の日経平均株価は反落し、終値は前週末比300円10銭安の2万7963円47銭


前週末に817円高と大幅に上昇していたため、短期的な過熱を警戒した利益確定目的の売りが優勢だった


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)

posted by june at 07:37| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大相撲、九州場所2日目・若隆景は2日目に初白星

14日に大相撲九州場所2日目が行われた

新小結の翔猿が昨日の大関・正代戦勝利に続きこの日も勝って2連勝

関脇・若隆景がこの日は勝ち1勝1敗

関脇・御嶽海は2連勝

先場所優勝の小結・玉鷲は2連敗、この日の相手の関脇・豊昇龍は2連勝

大関・貴景勝は2連勝

カド番の大関・正代はこの日は勝ち1勝1敗

(この記事は、日本相撲協会の公式サイトで作りました)

若隆景は先場所3連敗から盛り返し、11勝4敗だったように地力はあるが、序盤で負けが続くのが最近の傾向・・・

今場所は初日こそ敗れましたが2日目い勝ち今後に期待

2連勝の貴景勝らとともに場所を牽引してください


相撲 2022年 4 月号◎春場所総決算号

若隆景が新関脇で初優勝した春場所総決算号
posted by june at 04:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月14日

大相撲、九州場所初日、玉鷲が黒星スタート・照ノ富士が休場

13日に大相撲九州場所初日が行われた

先場所、平幕で2回目の優勝をし、小結に返り咲いた玉鷲は黒星スタート

先場所、2場所連続負け越しで関脇陥落の御嶽海は白星スタート

関脇・若隆景は黒星スタート

カド番の大関・正代は黒星スタート

(この記事は、日本相撲協会の公式サイトで作りました)

先場所、優勝の玉鷲は黒星スタートです

横綱・照ノ富士は10月に両膝手術を受けており、リハビリ途上で初日から休場

今年は毎場所優勝力士が違っており、照ノ富士も1回しか優勝していない

今場所の休場で照ノ富士の今年の複数回優勝はなくなった

今場所も優勝争いは混沌とし、誰が優勝に近いか難しい


相撲 2022年 10 月号◎秋場所総決算号

玉鷲が2度目の優勝をした秋場所総決算号です
posted by june at 12:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする