2022年10月09日

キングオブコント2022はビスケットブラザーズが優勝

“コント芸日本一”を決める『キングオブコント2022』が、8日にTBS系で放送される大型生特番『お笑いの日2022』内で行われ、ビスケットブラザーズ(ビスブラ)が15代目キングの栄光に輝き、3018組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円を獲得した

ファーストステージは481点、ファイナルステージは482点で合計962点をマークし、歴代最高得点での優勝劇となった

ファイナリストは3回目の決勝出場となるニッポンの社長を筆頭に、3年ぶり2回目となるかが屋、ネルソンズ、ビスブラ、2年ぶり2回目となるロングコートダディで、決勝初出場は、いぬ、クロコップ、コットン、や団と、今年唯一の即席ユニットである最高の人間(岡野陽一・吉住)の5組

最高の人間は、前回大会から即席ユニットの参加が認められてから、初の即席ユニットでの決勝進出となった

ファーストステージは、松本人志さんが歴代最高得点となる98点をつけたビスブラが481点でトップ

2位タイのや団(470点)、コットン(470点)の3組が勝ち上がり、キングの座をめぐってファイナルステージが行われた

や団が473点を獲得して合計943点、コットンが474点を獲得して合計944点となった

司会は浜田雅功さん(ダウンタウン)と日比麻音子アナ

審査員は、昨年同様に松本人志さん(ダウンタウン)、飯塚悟志さん(東京03)、小峠英二さん(バイきんぐ)、秋山竜次さん(ロバート)、山内健司さん(かまいたち)が担当した

(この記事は、オリコンニュースの記事で作りました)

優勝したビスケットブラザーズは吉本興業所属で2011年4月から活動し、きんと原田泰雅のコンビ

昨年9月に若手漫才師の登竜門『NHK上方漫才コンテスト』第51回大会で優勝

『キングオブコント』は2019年にファイナリストとして出場し、6位だった

合計963点の歴代最高得点での優勝で松本人志さんがファーストステージ、ファイナルステージともに歴代最高得点の98点をつけた



キングオブコント2022 クリアファイル

キングオブコント2022のクリアファイルです
posted by june at 10:20| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

上島竜兵さん急死、元祖リアクション芸人

「聞いてないよォ」「くるりんぱ1」などのギャグで人気を博したお笑いトリオ、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが61歳で急死したことが11日、分かった

同日未明、自宅で意識のない状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された

警視庁では自殺とみている

身体を張ったリアクション芸で約35年間第一線で活躍し続け、最近では個性派俳優として新境地を開くなど、順調そのものだった

それだけに芸能界に大きな衝撃が走っている

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

出川哲郎さんとともに、元祖リアクション芸人、リアクション芸人の第一人者として知られ、上記ギャグの他「ヤ―!!」「どうぞどうぞ」「和気あいアイアイ」などのギャグ、熱々おでんを食べる、熱湯風呂などの身体を張ったリアクション、出川哲郎さんとのからみが多かったキス芸などで知られましたね

先輩芸人から可愛がられ、後輩芸人から慕われ「竜兵会」を作り、飲み会など開いて交流を深めた

一方で、師匠と慕う志村けんさんが亡くなり、寂しさを口にすることも・・・

もし死因が自殺だとしたら寂しさもあったのかも・・・


これが俺の芸風だ!!―上島竜兵伝記&写真集

元祖リアクション芸人・リアクション芸人の第一人者・上島竜兵さんの芸人の生き様を収録した写真集
posted by june at 14:37| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月22日

歌手、俳優の西郷輝彦さんが死去

「星のフラメント」のヒット曲などで知られ、昭和歌謡の「御三家」として活躍した歌手、俳優の西郷輝彦(さいごう・てるひこ、本名=今川盛揮=いまがわせいき)さんが20日、75歳で死去した

葬儀は近親者のみで行う

昭和22年、鹿児島県出身

17歳だった39年に「君だけを」で歌手デビュー

芸名は西郷隆盛にあやかり名付けられた

「17才のこの胸に」「星のフラメンコ」などのヒット曲を相次いで発表し、「リズムとビートの申し子」と呼ばれた

35年デビューの橋幸夫さん、38年デビューの舟木一夫さんとともに昭和歌謡を牽引して「御三家」の愛称で親しまれ、NHK紅白歌合戦に10年連続で出演した

48年放送開始の主演テレビドラマ「どてらい男(ヤツ)」がヒットし、俳優としても活躍

50年、遠山金四郎役を演じた「江戸を斬る」で時代劇俳優としての足場を築いた

渋みのある演技に定評があり、62年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」では伊達政宗の側近・片倉小十郎役を好演して人気を博した

舞台にも進出し、森繁久弥さん主演の「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演

平成2年には菊田一夫演劇賞を受賞

元妻は歌手の辺見マリさん、長女はタレントの辺見えみりさん

平成23年、前立腺がんと診断され治療

29年に再発が判明し、昨年にはオーストラリアに渡り治療を受けていた

(この記事は産経新聞の記事で作りました)

西郷輝彦さんは「御三家」といわれ大人気だった時代は知らず、元妻の辺見マリさんの娘・辺見えみりさんの父、「独眼竜政宗」での片倉小十郎役の印象が強いですね

「御三家」の3人で最後(「さいご」)にデビューしたので西郷輝彦(「さいご」う・てるひこ)として覚えました

西郷さんの曲はあまり知りませんでしたが、改めて聴くといいですね

あまり知らない曲なのに懐かしさの錯覚も感じました


西郷輝彦 12CD-1042A

西郷輝彦さんの代表曲を収録
posted by june at 13:33| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする