2022年05月12日

上島竜兵さん急死、元祖リアクション芸人

「聞いてないよォ」「くるりんぱ1」などのギャグで人気を博したお笑いトリオ、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが61歳で急死したことが11日、分かった

同日未明、自宅で意識のない状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された

警視庁では自殺とみている

身体を張ったリアクション芸で約35年間第一線で活躍し続け、最近では個性派俳優として新境地を開くなど、順調そのものだった

それだけに芸能界に大きな衝撃が走っている

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

出川哲郎さんとともに、元祖リアクション芸人、リアクション芸人の第一人者として知られ、上記ギャグの他「ヤ―!!」「どうぞどうぞ」「和気あいアイアイ」などのギャグ、熱々おでんを食べる、熱湯風呂などの身体を張ったリアクション、出川哲郎さんとのからみが多かったキス芸などで知られましたね

先輩芸人から可愛がられ、後輩芸人から慕われ「竜兵会」を作り、飲み会など開いて交流を深めた

一方で、師匠と慕う志村けんさんが亡くなり、寂しさを口にすることも・・・

もし死因が自殺だとしたら寂しさもあったのかも・・・


これが俺の芸風だ!!―上島竜兵伝記&写真集

元祖リアクション芸人・リアクション芸人の第一人者・上島竜兵さんの芸人の生き様を収録した写真集
posted by june at 14:37| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月22日

歌手、俳優の西郷輝彦さんが死去

「星のフラメント」のヒット曲などで知られ、昭和歌謡の「御三家」として活躍した歌手、俳優の西郷輝彦(さいごう・てるひこ、本名=今川盛揮=いまがわせいき)さんが20日、75歳で死去した

葬儀は近親者のみで行う

昭和22年、鹿児島県出身

17歳だった39年に「君だけを」で歌手デビュー

芸名は西郷隆盛にあやかり名付けられた

「17才のこの胸に」「星のフラメンコ」などのヒット曲を相次いで発表し、「リズムとビートの申し子」と呼ばれた

35年デビューの橋幸夫さん、38年デビューの舟木一夫さんとともに昭和歌謡を牽引して「御三家」の愛称で親しまれ、NHK紅白歌合戦に10年連続で出演した

48年放送開始の主演テレビドラマ「どてらい男(ヤツ)」がヒットし、俳優としても活躍

50年、遠山金四郎役を演じた「江戸を斬る」で時代劇俳優としての足場を築いた

渋みのある演技に定評があり、62年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」では伊達政宗の側近・片倉小十郎役を好演して人気を博した

舞台にも進出し、森繁久弥さん主演の「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演

平成2年には菊田一夫演劇賞を受賞

元妻は歌手の辺見マリさん、長女はタレントの辺見えみりさん

平成23年、前立腺がんと診断され治療

29年に再発が判明し、昨年にはオーストラリアに渡り治療を受けていた

(この記事は産経新聞の記事で作りました)

西郷輝彦さんは「御三家」といわれ大人気だった時代は知らず、元妻の辺見マリさんの娘・辺見えみりさんの父、「独眼竜政宗」での片倉小十郎役の印象が強いですね

「御三家」の3人で最後(「さいご」)にデビューしたので西郷輝彦(「さいご」う・てるひこ)として覚えました

西郷さんの曲はあまり知りませんでしたが、改めて聴くといいですね

あまり知らない曲なのに懐かしさの錯覚も感じました


西郷輝彦 12CD-1042A

西郷輝彦さんの代表曲を収録
posted by june at 13:33| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

野球漫画の第一人者・水島新司さんが死去していた

「ドカベン」「あぶさん」など国民的人気野球漫画を世に送り出した漫画家・水島新司(みずしま・しんじ)さんが10日に82歳で死去していたことが17日に分かった

他にも「男ドアホウ甲子園」「野球狂の詩」「光の小次郎」「球道くん」などの作品で知られた

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

水島さん自身が野球好きで野球に詳しく野球の細かい描写や選手の心理を描き、ルールの盲点をつく描写など野球への知識も本職顔負けだった

水島作品では、エースで4番が主人公が多かった野球漫画でチームのメンバーや相手チーム、その他の野球関係者などにもスポットを当てた

多くの個性的キャラクターが活躍するということでは「ドカベン」などは代表的だ

水島さんは、南海時代からソフトバンクに至るまでホークスファンで、人気のほとんどなかったパ・リーグも応援していた

ホークス愛が感じられるのは、「あぶさん」だ

野球漫画の第一人者の訃報に野球界は悲しみに暮れた


ドカベン 31 (少年チャンピオン・コミックス)

「ドカベン」は大好きな野球漫画だが、特に31巻は夏春連覇を賭けた土佐丸高との決勝戦で多くのエピソードも読みごたえ十分で個人的には一番好き
土佐丸の犬飼小次郎(兄・監督)・武蔵(たけぞう・弟・選手)、犬神(選手)のキャラクターも魅力的
posted by june at 15:06| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする