2024年04月15日

競馬、第84回皐月賞はジャスティンミラノが優勝

14日に競馬の第84回皐月賞(G1、中山芝2000メートル)が行われ2番人気で戸崎圭太騎手騎乗のジャスティンミラノが優勝

2着はクビ差で7番人気のコスモキュランダ、3着はさらに1/2馬身差で3番人気のジャンタルマンタル

4着・アーバンシック、5着・シンエンペラー

5着までが日本ダービーの優先出走権

(この記事は、JRAのホームページの記事で作りました)

ジャスティンミラノが1分57秒1のレコードで勝ちました


私の注目馬は・・・
1着・ジャスティンミラノ、2着・コスモキュランダ、5着・シンエンペラー、6着・レガレイラ、17着・メイショウタバル
馬券予想は当たりました


皐月賞といえば2001年のアグネスタキオンですね
皐月賞まで4戦4勝、この後故障で現役引退
しかし4戦すべて抜きんでた勝ち方で強い世代だったこともあり、伝説となった
種牡馬でも内国産として1957年のクモハタ以来51年ぶりの2008年JRAリーディングサイヤー
産駒にもダイワスカーレット(有馬記念、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯)、ディープスカイ(日本ダービー、NHKマイルカップ)などの大レース勝ち馬や多くの重賞勝ち馬を出し成功
しかし2009年に早世
あっという間に時代を駆け抜けた伝説の超光速粒子(タキオン)


アグネスタキオン 光を超えた伝説 [DVD]

皐月賞までたった4戦(4勝)で伝説となったアグネスタキオンのDVD
posted by june at 03:51| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月14日

競馬、第84回皐月賞の枠順と私の注目馬

14日15時40分発走予定の競馬の第84回皐月賞(G1、中山芝2000メートル)の枠順と私の注目馬を以下に示す

1-1  サンライズジパング
1-2  メイショウタバル
2-3  エコロヴァルツ
2-4  シリウスコルト
3-5  ミスタージーティー
3-6  アレグロブリランテ
4-7  ルカランフィースト
4-8  ジャンタルマンタル
5-9  アーバンシック
5-10 レガレイラ
6-11 ホウオウプロサンゲ
6-12 コスモキュランダ
7-13 ジャスティンミラノ
7-14 シンエンペラー
7-15 サンライズアース
8-16 ダノンデサイル
8-17 ビザンチンドリーム
8-18 ウォーターリヒト
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

私の注目馬は・・・
弥生賞ディープインパクト記念1着のコスモキュランダ
共同通信杯1着のジャスティンミラノ
弥生賞2着の良血・シンエンペラー
ホープフルS1着の牝馬のレガレイラ
朝日杯FS1着のジャンタルマンタル
毎日杯圧勝のメイショウタバル

皐月賞といえば2001年のアグネスタキオンですね
皐月賞まで4戦4勝、この後故障で現役引退
しかし4戦すべて抜きんでた勝ち方で強い世代だったこともあり、伝説となった
種牡馬でも内国産として1957年のクモハタ以来51年ぶりの2008年JRAリーディングサイヤー
産駒にもダイワスカーレット(有馬記念、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯)、ディープスカイ(日本ダービー、NHKマイルカップ)などの大レース勝ち馬や多くの重賞勝ち馬を出し成功
しかし2009年に早世
あっという間に時代を駆け抜けた伝説の超光速粒子(タキオン)


アグネスタキオン 光を超えた伝説 [DVD]

皐月賞までたった4戦(4勝)で伝説となったアグネスタキオンのDVD
posted by june at 04:28| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月08日

競馬、第84回桜花賞はステレンボッシュが優勝

7日に競馬の第84回桜花賞(G1、阪神芝1600メートル)が行われ、2番人気のジョアン・モレイラ騎手騎乗のステレンボッシュが優勝

2着は3/4馬身差で1番人気のアスコリピチェーノ、3着はさらにクビ差で7番人気のライトバック

4着・スウィープフィート、5着・エトヴプレ

5着までがオークスの優先出走権

(この記事は、JRAのホームページの記事で作りました)

勝ったステレンボッシュは阪神JF2着の悔しさを晴らしました


私の注目馬は・・・
2着・アスコリピチェーノ、4着・スウィープフィート、8着・クイーンズウォーク、13着・チェルヴィニア、16着・コラソンビート
馬券予想は複勝以外は外れました

桜花賞といえば1975年のテスコガビーです
このレースはリアルタイムでは見てなく過去の映像で見ました
テスコガビーの圧倒的強さと速さの大差勝ちと杉本清アナの「後ろからは何にも来ない」のフレーズが印象的でした
「テンよし、中よし、終いよし」の由来は主戦の菅原騎手がテスコガビーの強さを表したことからといわれています
今の直線で坂のある阪神競馬場でも勝ったと思われますが、昔の平坦の直線だったからこそ速さがより発揮され大差勝ちとなったと思います


テスコガビー キラカード GR018 日刊スポーツ Gホースカード 97 SPRING 菅原泰夫 桜花賞 オークス 写真 画像 競馬カード

テスコガビーの競馬カードです
テスコガビーは牝馬2冠(桜花賞、オークス)で、オークス後に故障し、古馬になって復帰後6着の後、調教中に心臓麻痺で急死
その強さから日本競馬史上最強牝馬の声も
posted by june at 03:50| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする