2022年07月06日

山梨大が凍結乾燥細胞からクローン、絶滅危惧種「復活」の可能性も

マウスの尻尾などから採取後、凍結乾燥し、最長9カ月保存した体細胞から、もとのマウスと遺伝的に同じであるクローンを作ることに世界で初めて成功したと、山梨大の研究チームが5日、発表した

クローンは全て正常な生殖能力を持っており、遺伝資源の低コスト長期保存や、絶滅危惧種の「復活」に役立てられる可能性があるという

研究チームはまず、雌雄両方のマウスから採取した体細胞を、保護成分入りの培地に入れて凍結し乾燥

真空容器で最長9カ月、マイナス30度で保存した後、常温の純水に5分程度浸してから、遺伝情報が納められた核を取り出し、核を除去した卵子に移植した

これをマウスの卵管に移植しても理論上、クローンの作製は可能だが、チームは成功の確率を上げるため胚性幹細胞(ES細胞)の技術を用いて細胞を大量に増殖

その上で再び卵子に核移植を行い、マウスの卵管に移植することで、計75匹のクローンマウスを成長させることに成功した

最初に生まれた世界初の雌は「ドラミ」と名付けた

生まれたマウスは全て正常な繁殖能力を持っていたが、一部は雄の細胞から作ったにもかかわらず、Y染色体が欠落し雌になった

若山清香・同大助教は「偶然の産物だが、雄しか生き残っていない絶滅危惧種から、雌を作り出して種を復活させる道が開けるかもしれない」と話す

チームはこれまで、常温で1年以上保存したマウスの凍結乾燥精子を使い、子マウスを誕生させることに成功している

そのため、凍結乾燥体細胞の保存も常温で行えるようにし、遺伝資源の低コスト長期保存を実現したいとしている

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

クローン技術の進歩はすさまじい

技術的には、クローン人間も可能で、すでに行われているとの説も・・・

本文でも書かれていたように絶滅危惧種種の「復活」の可能性も・・・


科学の最前線 2 クローン技術の可能性

クローン技術の進歩は凄まじい
技術的に凄いのは確かだが、一方で倫理的問題もある



最新ES細胞 iPS細胞 (ニュートン別冊)

再生医療で注目されるES細胞とiPS細胞についての解説
posted by june at 16:13| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風4号は温帯低気圧に きょうも大雨に注意

台風4号は5日午前、長崎県佐世保市付近に上陸し、九州で温帯低気圧に変わった

雨が激しく振り、大雨の恐れもあり、台風は温帯低気圧に変わったが大雨に警戒だ

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

このところの猛暑は台風の接近で少し落ち着いたが、台風に伴う湿気と大雨に注意だ


空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑

天気・気象についいてわかりやすく解説
天気の謎や気になる天気の不思議がわかります
posted by june at 08:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KDDI 復旧に86時間、教訓生かせず

KDDIは、5日、2日に発生した大規模通信障害が約86時間後の5日午後3時36分に完全復旧したと発表した

金子恭之(やすし)総務相は同日の記者会見で、同社の利用者への情報周知について「重要な通信インフラを担う事業者として責任を果たしたとはいえない」と批判

原因究明や再発防止策などを同省の有識者会議で議論する考えを表明した

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

大規模な通信障害でいえば、昨年のNTTドコモの通信障害がありましたね

結果的にその時の教訓を生かせなかったことになります

影響範囲は多岐に広がりました

原因究明はもちろん再発防止を徹底させることが重要です

あらためて通信インフラの通信障害がもたらす影響の大きさを実感しました


ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識

現在当たり前に使っているネットワークがなぜつながるのかをわかりやすく解説
この「当たり前」に使っているネットワークのしくみがわかります

今回の通信障害で通信インフラの重要性をあらためて実感しました
posted by june at 05:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする