2024年03月01日

<平将門>強さの秘密が地下に眠っていた? 最新研究から「平安の反逆児」の実像に迫る

10世紀半ばに坂東に君臨した豪族・平将門が、2月14日午後10時から放送されるNHKの歴史番組「歴史探偵」(総合)で特集される

平将門といえば、東京・大手町の「首塚」、または「首」そのものにまつわる死後の伝説などから、“日本三大怨霊”の一人(あとの二人は菅原道真と崇徳天皇)として恐れられ、歌舞伎や浮世絵、さらには「帝都物語」のようなSF作品の題材として取り上げられてきた

この日の番組の副題は「平将門 平安の反逆児」
平安時代最大の反乱「平将門の乱」で国に反旗を翻し、瞬く間に坂東を支配した将門の強さの秘密が地下に眠っていた、とされ、巨大送風機の実験や最新研究から将門の実像に迫る

(この記事は、MANTANWEBの記事で作りました)
(記事掲載時、放送は終了していますが、記事を原文のまま掲載)

平将門といえば「首塚」やその伝説・怨霊、祟りなどが有名です

日本の歴史は天皇と関わっており、天皇制の是非はともかく、天皇の存在・権威などを利用し、政治・権力が動いてきました

そんな中で平将門は、「平将門の乱」を起こし、関東の一部に一大勢力を作り、新しい天皇・「新皇」を名乗りました

歴史上、天皇を排除あるいは歴史の隅に追いやろうとした唯一ともいえる人物です

反逆児、ある意味革命児のイメージですね

映画「帝都物語」でも将門の怨霊の強さ・凄さなどが描かれています

将門は生前より何人にも見えたりしたといわれ、死後も前述の「首塚」伝説のように強い霊力があったとされる人物です

番組自体は残念ながら視聴していませんが、平将門は興味のある注目人物です

怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書) 新書

日本三大怨霊といわれるのが、平将門、菅原道真、崇徳天皇の怨霊だといわれる
怨霊は人々にいかに恐れられたか、怨霊の行き先と鎮魂、近代の霊魂文化について考える
posted by june at 04:18| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

量子コンピュータより高速で正確な演算が可能な古典コンピュータ用アルゴリズム

米ニューヨーク大学(New York University,NYU)は9日(現地時間)、古典コンピュータで量子コンピュータよりも高速かつ正確な計算が可能となるアルゴリズムを開発したと発表した

量子状態に格納された情報の一部だけを保持し、最終的な計算結果を正確に求められるだけの情報を残すことによって、古典コンピュータ上で量子ビット間の相互作用を再現するアルゴリズム
NYUのJoseph Tindall氏、Matthew Fishman氏、E.Miles Stoudenmire氏、Dries Sels氏らの研究チームによる共同成果

一般的に量子コンピュータの優れた点は高速な計算速度と処理能力にあるとされるが、その一方でエラーが生じやすく情報が損失する可能性が高いこと、また量子ビットの特性により、有用な計算結果を得るために必要となる古典的な情報への変換が難しいなどの課題を抱えている

本研究では、多数のテンソル積の縮約によって構成された格子(もしくは網目)状のダイヤグラム、いわゆる「テンソルネットワーク」の活用に焦点を当てており、テンソルネットワークの最適化によって古典コンピュータで量子ビット間の相互作用を忠実に再現する手法を採っている

ネットワークを構成する個々のテンソル(型のデータ)はスカラー、ベクトル、行列などの多次元配列を表現するためのデータ構造であり、これをネットワークの形で扱うメリットは、計算量を削減できること
本アルゴリズムは少ない計算リソースを有効活用する方向性の研究成果となる

研究チームでは本アルゴリズムの働きをJPEG圧縮に例えて「元画像からほとんど知覚できない程度に情報を削除することで、より少ない容量で大きな画像を保存できるようなもの」と表現した
論文の共同著者の一人、Joseph Tindall氏はニュースリリースの中で「異なるテンソルネットワーク構造を選択することは、さまざまな画像形式を選択することに相当し、我々はそのためのツール開発に成功している。量子コンピューティングの水準をさらに引き上げることができる日も近いだろう」と述べている

(この記事は、PC Watchの記事で作りました)

ニューヨーク大が量子コンピュータより高速で正確な演算が可能な古典コンピュータ用アルゴリズムを開発しました

一般的に量子コンピュータの優れた点は高速な計算速度と処理能力にあるとされていますが、その一方でエラーが生じやすい、情報が損失しやすい課題があり、他に量子ビットの特性により、有用な計算結果を得るために必要となる古典的な情報への変換が難しいなどの課題がありました

今回の「成果」を「応用」すれば、量子コンピューターのレベルをさらに引き上げられるかもしれません

量子コンピューターといえども現状、古典的な情報への変換の課題があり、今回の「成果」はその課題解決の一助となるかも

量子コンピュータが本当にわかる! ― 第一線開発者がやさしく明かすしくみと可能性 単行本(ソフトカバー)

次世代コンピューターとして期待されている量子コンピューターを第一線の開発者がわかりやすく解説
そのしくみと可能性などがわかる
posted by june at 04:30| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月28日

太陽系外に続々と発見される「驚異の惑星」ホットジュピターやエキセントリックプラネットとは

最近は宇宙望遠鏡による太陽系外惑星の発見が相次いでいますね。中には地球に似た惑星も多く見つかっています

本記事では、系外惑星の発見の歴史や、驚くべき特徴を持った惑星たちを紹介していきます

■1995年、初めて太陽系外惑星を発見

皆さんは宇宙には地球のような惑星は溢れていると思いますか?
実は1995年まで太陽系外に惑星は見つかっていませんでした
太陽系外にも惑星は存在するはず、というのは天文学者の多くが予想はしていましたが、それを観測する方法がなかったのです

そして、1995年にドップラー法によるペガスス座方向に初めて系外惑星が発見されたのです
この惑星は公転周期が何と4日!地球の365日と比べてとても短く、天文学者も予想外だったので見つけるのに時間を要したのです

■2005年、地球型惑星「スーパーアース」を発見

最初の系外惑星発見から10年後、2005年には地球の数倍程度の質量を持つ岩石型惑星「グリーゼ876d」が初めて発見されました
この発見により、実際に太陽系外にも地球のような惑星が存在することがわかったのです
これらの地球より大きな岩石惑星を「スーパーアース」と呼んでいます

■2019年、水分を含む惑星を始めて発見

2019年には、地球から124光年離れた場所に大気に水蒸気が含まれているスーパーアース「k2-18b」が初めて発見されました
この惑星は地球の2倍程度の大きさで、表面に液体の水でできた海が存在する可能性が示唆されてます

更に、地球上では生命からしか生成されることのない、ジメチルスルフィドが存在していることも話題となりました
このスーパーアースはハビタブルゾーンに位置しています
我々生命は、海で色々な元素がかき混ぜられて誕生したと考えられているため、この惑星も生命が存在する可能性が十分にあると考えられています

■「ホットジュピター」と「エキセントリックプラネット」

スーパーアース以外にも珍しい惑星をご紹介します
まずは、ホットジュピターと言って名前の通り「熱い木星」です
ホットジュピターは木星のような巨大ガス惑星ですが、太陽系とは違い中心の星のすぐ近くを回っているため、表面が灼熱になった惑星なのです
絶対に住みたくないですね

次の惑星は、エキセントリックプラネット
アニメの必殺技のような名前ですね
地球のような惑星は太陽の周りをほぼ円形で回っていますが、エキセントリックプラネットはなぜかもの凄い歪んだ軌道で回っている、名前の通り奇妙な惑星なのです
太陽系で言うと、ハレー彗星のような楕円形の軌道をしています
なぜこのような奇妙な軌道になったかはわかっていませんが、一説としては周りの大きな惑星の重力の影響から、軌道を大きくゆがめられてしまったと考えられています

(この記事は、スペースチャンネルの記事で作りました)

最近は、太陽系外で「驚異の惑星」ホットジュピターやエキセントリックプラネットが見つかったり、太陽系内外で地球外生命体の存在の可能性の星が見つかっています

最近の太陽系内外で見つかった地球外生命体の存在の可能性の星の関連記事・・・
わずか97光年先に「水の惑星」発見、地球型惑星探査に画期的な一歩
デス・スターのような土星衛星「ミマス」の地下に海が存在!?地球外生命体の可能性を探る
「地球にそっくりな惑星」を137光年先に発見!?表面に海が広がっている可能性も

地球外生命-アストロバイオロジーで探る生命の起源と未来 (中公新書 2676) 新書

地球外生命体は存在するのか!?
最近は太陽系内外で水(あるいは海)・アミノ酸など生命につながる存在の可能性が出ている
最新の宇宙探査・観測などから生命の起源と未来を探る
posted by june at 03:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする