2022年11月21日

サッカー、W杯カタール大会開幕

2022ワールドカップ(W杯)が20日、カタールで開幕


カタールとエクアドルの開幕戦がアル・ベイト・スタジアムで開催され、2-0でエクアドルが勝利した

初の中東開催、初の北半球での冬開催となったW杯

大会初出場のカタールと、2大会ぶり4度目のW杯出場となる南米予選4位通過のエクアドルが相まみえた

試合は開始早々の3分に動く

FKからゴール前に入れると、飛び出してきたGKがパンチングしきれず、ゴール前の混戦からフェリックス・トーレス選手がシュート

ゴール前に流れたボールをエネル・バレンシア選手が頭で押し込んだ

しかし、これは今大会採用されている半自動オフサイド技術を使用したVRA(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での結果オフサイドが確認され、取り消しでノーゴールとなる

それでも、16分にはエクアドルが先制する

ゴール前に抜け出したエネル・バレンシア選手が、かわしにいったGKに手で倒されてPKを獲得

これをエネル・バレンシア選手自らが決めて、エクアドルが先手を取った

さらに攻勢に出るエクアドルは、続く30分にも右サイドからのクロスに正面で合わせたエネル・バレンシア選手がヘディングシュートを流し込み、エースの2発目で2-0とする

迎えた後半も、エクアドルが試合を優勢に進める

サイドで数的優位をつくりながら攻勢に出るエクアドルだが、カタールもこれ以上の失点を何とかしのいで応戦

だがカタールは攻撃面でもなかなか決定的な場面をつくりだせず、W杯初ゴールが遠い

86分にはゴール前に抜けたモハメド・ムンタリ選手がDFと並走しながら右足を振り抜くが、強烈なボレーシュートはわずかに枠をはずれる

結局、試合はそのまま終了

カタールのW杯デビュー戦はノーゴールでの黒星に

W杯ホスト国の初戦黒星は史上初の不名誉記録となってしまった

一方のエクアドルは重要な開幕戦で大きな勝ち点3を獲得した

現地時間25日に行われる第2戦ではカタールがセネガルと、エクアドルがオランダとそれぞれ対戦する

(この記事は、GOALの記事で作りました)

五輪より世界中が注目するといわれる(サッカーの)W杯・・・

W杯は世界最大のスポーツイベントといわれています

この「お祭り」がいよいよ開幕しました

ちなみに日本はグループリーグEで日本時間の23日22時がドイツ戦、27日19時がコスタリカ戦、12月2日4時がスペイン戦でグループリーグ上位2組の決勝トーナメント進出を目指します


2022年 カタール・ワールドカップ 選手名鑑&GUIDE BOOK(サッカーマガジン2022年11月号増刊)

世界さ偉大のスポーツイベントであるサッカーのワールドカップ(W杯)
2022年カタール・ワールドカップをより楽しむための観戦ガイドです
posted by june at 12:33| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください