2022年11月19日

ブラックホール囲む「リング」確認

巨大ブラックホールを取り囲むダスト(ちり)が作る輪のような構造「ダストリング」を赤外線望遠鏡の観測で確認したと、京都産業大の岸本真教授らの国際研究チームが発表した

論文は18日、米科学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載された

研究チームは2010年から、地球から6200万光年離れた渦巻き銀河「NGC4151」中心部の巨大ブラックホールを米カリフォルニア州のウィルソン山天文台で観測

周辺のガスが落ち込んでいるブラックホールの中心部から噴出する高エネルギーのプラズマ「ジェット」に対し、垂直の方向にダストがリング状に広がっていることを確認した

リングの半径は0.1光年

複数の赤外線望遠鏡を組み合わせ、高い解像度を実現することで確認できたという 

巨大ブラックホールの中心部には、周辺のガスが落ち込む円盤構造と、その外側にリング状のダストがあると予測されている

岸本教授は「ダストリングが確認できたことで、円盤構造の存在も強く示唆され、長年の予測が裏付けられた」と話している

(この記事は、JiJi.comの記事で作りました)

ブラックホールは暗黒で肉眼ではとらえることの難しい謎もいまだ多い天体

天才物理学者・アインシュタインの一般相対性理論などによってその存在が予言され、その後実験・観測によって実証された

観測などでその全容が少しずつ分かり始めている

宇宙にはダークマターなどの謎もあります


ゼロからわかるブラックホール 時空を歪める暗黒天体が吸い込み、輝き、噴出するメカニズム

謎が多き暗黒天体・ブラックホールについてわかりやすく解説・説明
質量が異常に重く、時間さえも飲み込み、時空を歪ませるなどします
posted by june at 14:03| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください