2022年09月13日

英国のエリザベス女王の国葬は19日に

英王室は10日、エリザベス女王の国葬を19日午前11時(日本時間同日午後7時)から、首都ロンドンのウェストミンスター寺院で行うと発表した

国葬当日、英国は休日となる

世界各国から要人の出席が予定されている

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ウェストミンスター寺院は、エリザベス女王の母・エリザベス皇太后の葬儀や王室の戴冠式・結婚式が行われた場所

エリザベス女王自身の戴冠式も行われた場所でもある

女王に戴冠した場所が自身の葬儀の場所となった

女王は死去の2日前に首相任命を行っており、在位70年7カ月、生涯現役を貫いた

イギリスの国葬は歴代国王や女王などのほか、第二次世界大戦を勝利に導いたとされるチャーチル元首相、万有引力・微分積分などで知られるニュートン氏などがいる


ザ・クイーン エリザベス女王とイギリスが歩んだ一〇〇年

在位70周年を迎えたエリザベス女王
そのエリザベス女王の伝記の決定版
英国と世界の歴史とともに振り返ります
posted by june at 14:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください