2022年06月23日

NY株は、米連邦準備制度理事会(FRB)による急速な利上げが景気後退を招くとの懸念が根強く、小幅に下落した

22日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、米連邦準備制度理事会(FRB)による急速な利上げが景気後退を招くとの懸念が根強く、小幅に下落した

終値は前日比47ドル12セント安の3万0483ドル13セント

ハイテク株中心のナスダックは、16.22ポイント安の1万1053.08




22日(日本時間)の日経平均株価は、反落し、終値は前日比96円76銭安の2万6149円55銭

米国の金融引き締めや景気の先行きを巡る懸念が根強く、値がさの半導体関連株などを中心に売りが優勢となり相場を下押しした

値を上げる銘柄には戻り待ちの売りが出やすかった


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:26| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください