2022年05月31日

スパコン「富岳」5連覇ならず、2指標はトップ維持

スーパーコンピューター(スパコン)の計算速度の世界ランキング「TOP500」が30日、発表され、米国のスパコンが1位とな理化学研究所と富士通が開発した日本の「富岳」は5連覇を逃した

実用的なプログラムを動かす性能を評価する指標と、ビッグデータの高速処理などに関する性能を競う指標は首位を守った

ランクはスパコン関連の国際会議にあわせて約半年ごとに発表される

富岳は2020年6月から昨年11月までの4期連続で4つの指標で首位だった

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

今回の4つの指標の首位は・・・

「TOP500」(高速計算が安定して実行できる総合的な性能)
首位 フロンティア(米国 オークリッジ研究所 新しいスパコン)
2位 富岳(日本 理化学研究所・富士通)

「HPL-AI」(人工知能(AI)の開発でよく使う計算)
首位 フロンティア
2位 富岳

「HPCG」(コンピューターでシミレーション(模擬実験)する際の処理性能)
首位 富岳

「Graph500」(道路網などネットワークで表現される現用やビッグデータの解析性能)
首位 富岳


「スパコン富岳」後の日本 科学技術立国は復活できるか

国産スパコン「富岳」はスパコンの性能ランキングで前回まで4期連続4冠を達成していました
まさに世界一のスパコンでしたが、今回は計算速度の世界一を競う「TOP500」で2位でした
今回は2冠で後の2指標は2位でしたが、依然世界有数のスパコンです
「富岳」の今後の可能性や未来について検証する
posted by june at 16:46| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください