2022年01月20日

自民党保守系が佐渡金山の世界文化遺産の早期推薦を要求

18日に、自民党の保守系議員でつくる「保守団結の会」(保守の会)は、国会内で会合を開き、文化審議会が国連科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産の推薦候補に選んだ「佐渡金山」(新潟県)について、政府に対し早期推薦を求める決議を採択した

佐渡金山は「朝鮮半島出身者の強制労働の被害現場」として韓国が選定撤回を要求していることで政府が推薦に慎重になっている

佐渡金山が2023年に登録審査を受けるためには、来年1月までに閣議了解を含む手続委が必要となる

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

佐渡金山の推薦に上記の外交問題があり、政府は慎重になっているようだ

佐渡金山は金の採掘で有名で、推薦への動向が注目だ

佐渡金山は、戦国時代には武田信玄の財力となり、江戸時代には江戸幕府の天領(幕府が直接管理)となるなどし、江戸幕府の財力となった地


佐渡金山

世界文化遺産を目指す佐渡金山の歴史のエピソードを紹介



世界文化遺産の思想

世界文化遺産の理念、歴史から登録プロセス、課題などを解説
posted by june at 10:54| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください