2021年11月01日

競馬、第164回天皇賞・秋は3歳馬・エフフォーリアが優勝!

10月31日に、競馬の第164回天皇賞・秋(G1、東京競馬場芝2000メートル)が行われました

優勝は、3番人気の横山武史騎手騎乗のエフフォーリア

3歳馬の天皇賞・秋制覇は2002年のシンボリクリスエス以来19年ぶり

エフフォーリアは、エピファネイア産駒

エピファネイアは、昨年の初年度産駒から無敗の牝馬3冠のデアリングタクトを出し、2年目には皐月賞とこの天皇賞・秋を勝つエフフォーリアを出しました

横山武史騎手は、先週の菊花賞に続く2週連続G1勝利

そして天皇賞・秋の親子3代制覇

2着は1馬身差で1番人気のコントレイル、3着はさらにクビ差で2番人気のグランアレグリア

(この記事は、JRAのホームページの記事で作りました)


私の注目馬は・・・

1着・エフフォーリア、2着・コントレイル、3着・グランアレグリア、6着・ポタジェ、11着・ワールドプレミア、12着・カレンブーケドール

馬券予想は当たりました
posted by june at 05:25| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください