2021年10月08日

野球伝来は通説より1年早かったのか!?

日本に野球が伝わったのは、通説より1年早い明治4(1871)年では・・・

日本在住の英国人歴史家が横浜市での試合を取り上げた当時の英字紙報道を指摘している

事実なら今年ア野球伝来150年の節目になる

通説では、米国から野球が伝来したのは明治5年とされる

湯汲博物館側もこれを「日本野発症」としている

しかし、東京在住の英国人歴史家・マーク・ガルプレイスさんは、明治4年10月30日に現在の横浜公園で(外国人らの)試合があったと報じる新聞記事(当時横浜で発行されていた英字新聞「ジャパン・ウイークリー・メール」)を発見

紙面には「日本で初めて」の記述がないことから、ガルプレイスさんは「試合はすでに何度かあったのではと推測

野球博物館側は「4年説」の存在を認めながら通説の「明治5年」に野球が日本に「普及」したとその「流れ」を重視したと説明

博物館では来年に野球伝来150年を記念し、特別企画展が9月から始まる

ただ、横浜の試合が事実なら博物館は4年の試合も紹介すべきとの指摘も

ほかにも、ガルプレイスさんは、日本最初の野球チームについて「異説」を発見していた

ラグビーの日本での歴史の「新発見」もしていた

(この記事は産経新聞の記事で作りました)


文庫 「野球」の誕生: 球場・球跡でたどる日本野球の歴史 (草思社文庫)
posted by june at 10:51| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください