2021年02月27日

東京市場の日経平均株価1202円急落、長期金利5年ぶり高水準

26日の東京市場で、日経平均株価は、急落し、13営業日ぶりに2万9000円を割り込んだ

終値は、前日比1202円26銭安の2万8966円01銭

平成28年6月以来の下げ幅を記録した

米国長期金利が高騰し、米連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和縮小への警戒感が高まったため

米国の金利上昇の動きが日本の長期金利にも波及

26日に一時0.175%と5年1か月ぶりの高水準

FRBがどこまで金利上昇を容認するのか!?

市場は、金融緩和の「出口」を模索している

金利上場で日銀(日本銀行)は「動きづらい」が・・・

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)
posted by june at 11:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください