2020年09月30日

NY株は、米大統領選の討論会の内容を見極めたい雰囲気や利益確定売りなどが優勢となり、4営業ぶりに反落

29日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、米大統領選の討論会の内容を見極めたい雰囲気や利益確定売りなどが優勢となり、4営業ぶりに反落

終値は、前日比131ドル40セント安の2万7452ドル66セント

ハイテク株中心のナスダックは、32.28ポイント安の1万1085.25






29日(日本時間)の日経平均株価は、3日続伸し、終値は、前日比27円48銭高の2万3539円10銭

9月末の配当権利落ちの影響(約142円)は重荷となったが、配当再投資の買いなどで需給環境は良好で買いが優勢だった

主力の値がさ株を中心に上昇し、日経平均の上げ幅は100円に達する場面もあった

半面、米大統領選に向けたテレビ討論会に対する様子見ムードは上値を抑えた

posted by june at 07:02| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください