2020年08月28日

NY株は、米連邦準備制度理事会(FRB)が示した新たな政策方針を好感し、続伸

27日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、米連邦準備制度理事会(FRB)が示した新たな政策方針を好感し、続伸

ハト派姿勢で買いが優勢に

終値は、前日比160ドル35セント高の2万8492ドル27セント

ハイテク株中心のナスダックは、39.72ポイント安の1万1625.34

ナスダックは、久々の下落




 

27日(日本時間)の日経平均株価は、カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でのパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、いったん利益を確定しようとの動きが優勢だった

さらに、米中対立のほか、安倍晋三首相が28日に記者会見を開く調整に入っていること(健康不安説なども出ている)も上値の重荷となった

小幅だが、下落

終値は、前日比82円00銭安の2万3208円86銭
posted by june at 07:01| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください