2024年06月30日

性染色体の「Y」が男性からなくなると心不全死のリスクが1.8倍増加に・・・

性別の決定に関わる情報を持つ性染色体にはX型とY型の2種類があり、「XY」のペアで男性、「XX」で女性になる
しかし、最新の研究では男性だけが持つ「Y」染色体が消失しつつあるのだという
もし完全に失くなったら、いったいどうなってしまうのか

『「Y」の悲劇 男たちが直面するY染色体消滅の真実』(朝日新聞出版)より、一部抜粋、再構成してお届けする

あなたの身体でも消えはじめた「Y」
最近の研究から、ヒトの進化といった大きなスケールではなく、実際に男性の身体中の細胞から、すでにY染色体が消失し始めていることがわかっています

一般的な男性の細胞の中には、X染色体1本とY染色体1本を含む、合計46本の染色体が存在しているはずです

しかし、これらの細胞からY染色体が失われ、性染色体がX染色体1本のみの45本となる現象があり、「モザイクY染色体喪失」とよばれています

この現象について、国内では、国立成育医療研究センターの深見真紀博士らの研究グループにより、精力的に臨床研究が進められています

「モザイクY染色体喪失」は、もともとは男性の老化現象のひとつと考えられていました

若い頃の細胞はY染色体を保持していますが、加齢とともにY染色体が抜け落ちていき、70歳以上の一般男性のうちの1割以上は、Y染色体が消失した細胞をもつ、といわれています

血液中の細胞を調べた研究報告では、70代の男性ではおよそ30%の血液細胞でY染色体が失われているのに対し、80代の男性だと約50%、80ー90代だと約90%にもなり、ほとんどの細胞でY染色体が失われていることがわかっています

この現象が発見された当初は、高齢男性に限った現象であると考えられていました
しかし、研究が進むにつれ、そうではないということがわかってきたのです

深見博士らの研究グループは、モザイクY染色体喪失が胎児期や小児期、青年期など、様々な年代でも起きていることを報告しています

また、喫煙によりY染色体の喪失頻度が増加することも知られており、何らかの環境要因が直接的に細胞に影響してY染色体が失われるのではないか、とも考えられています

「Y」消失は疾患リスクを高める
Y染色体をもたない細胞が増えると、男性にどのような影響があるのでしょうか?

細胞からY染色体が失われると、寿命が短くなる、アルツハイマー病や自己免疫疾患、がんなどの疾患リスクが増加する、といった研究報告があります

Y染色体が失われるとなぜこれらの病気が発症するのか、具体的な因果関係はわかっていませんが、Y染色体上の遺伝子が失われることで、免疫機能が異常となり病気となる可能性が示唆されています

Y染色体喪失は心臓病のリスクを高める、という実験動物を使った研究もあります

大阪公立大学(現在は国立循環器病研究センター)の佐野宗一博士は、スウェーデンのウプサラ大学、アメリカのバージニア大学との国際共同研究により、人工的に標的遺伝子を壊すことができる遺伝子改変技術と骨髄移植技術を用いて、Y染色体が除去された造血幹細胞(血液のもとになる細胞)をもつY染色体喪失マウスをつくることに成功しました

Y染色体喪失マウスは、野生型のマウスに比べて短命で、心臓、肺、腎臓などの臓器の線維化(線維成分が蓄積し臓器が硬くなること)が起こりやすく、さらに、心不全の予後が悪いこともわかりました

そこで、Y染色体が除去された細胞をさらに詳しく調べたところ、マクロファージとよばれる白血球が、Y染色体がないと線維化を引き起こす物質を多く産生し、線維化の促進や心不全悪化の原因となることが示されたのです

さらに研究チームは、ヒトの調査からも、Y染色体喪失により男性の心不全死のリスクが1.8倍も増加することを明らかにしています

----------
黒岩麻里(くろいわ あさと)

京都府生まれ
北海道大学大学院理学研究院生物科学部門教授
11997年、名古屋大学農学部卒業
2002年、同大学院生命農学研究科応用分子生命科学専攻にて博士号取得
日本学術振興会特別研究員、北海道大学先端科学技術共同研究センター講師、同大大学院理学研究院准教授を経て16年より現職
専門は生殖発生学・分子細胞遺伝学で、哺乳類、鳥類を対象に、性染色体の進化や性決定の分子メカニズムの解明を目指す
NHK「あさイチ」や「ヒューマニエンス40億年のたくらみ」「又吉直樹のヘウレーカ!」などメディアにも出演し、「性決定」についての最新の知見を一般に向け積極的に伝えている
受賞歴は、11年に「哺乳類および鳥類における性染色体と性決定機構の進化研究」で第62回染色体学会賞、13年に25染色体をもたない哺乳類種の性染色体進化の研究」で平成25年度文部科学大臣表彰若手科学者賞、23年に北海道大学が次世代の女性教員を顕彰する桂田芳枝賞など
著書に『消えゆくY染色体と男たちの運命――オトコの生物学』(学研メディカル秀潤社)、『男の弱まり――消えゆくY染色体の運命』(ポプラ新書)がある
----------

(この記事は、集英社オンラインの記事で作り

男性の性別を決めるY染色体がなくなる「モザイクY染色体」・・・

この現象が増えているようです

これによって心不全などのさまざまなリスクがあるようです

この現象は巷でいわれることもある「男性の弱体化」などとも関係があるのでしょうか

今後の研究の進展や原因の解明にも注目



「Y」の悲劇 男たちが直面するY染色体消滅の真実 単行本

男性からY染色体がなくなる悲劇
この現象が増えているという
この悲劇を通じ、性に対する概念・考え方・常識などを改めて考え直す
現代はさまざまな多様性が容認されている
posted by june at 04:10| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月29日

NY株は3日ぶりに反落

28日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、3日ぶりに反落し、終値は前日比45ドル02セント安の3万9118ドル86セント

ハイテク株中心のナスダックは126.08ポイント安の1万7732,60

S&P500は22.39ポイント安の5460.48




28日(日本時間)の日経平均株価は反発し、終値は前日比241円54銭高の3万9583円08銭


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:04| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはぎとぼたもちの違い

彼岸に食べる和菓子

「おはぎ」と「ぼたもち」に違いがあるのか?

何が違うのか?

違いは諸説あります

(季節)
一般的な説は秋の彼岸は「ぼたもち」、春の彼岸は「おはぎ」
その季節に咲く花の春は「牡丹」、秋は「萩」から

マイナーな説ですが、夏は「夜船」、冬は「北窓」

(あん)
つぶあんの「おはぎ」(秋の彼岸)、こしあんの「ぼたもち」(春の彼岸)
食材が秋に収穫される小豆でまだ皮の柔らかい秋はそのままつぶあん、時間の経過で皮のかたい春はこしあん

(大きさ)
小さいものを「おはぎ」、大きいものを「ぼたもち」

(米の材料)
うるち米で作ると「おはぎ」、もち米で作ると「ぼたもち」

(手加減)
もちのつきかたが容赦あるものは「おはぎ」、容赦ないものが「ぼたもち」

などで地域によって形状や米の材料が違う場合も・・・



伝え継ぐ日本の家庭料理 米のおやつともち 2019年 06 月号 [雑誌]: うかたま 別冊 雑誌

日本各地のもち米、うるち米を使った家庭料理をまとめました
日本人の主食・米を使ったおやつ・料理
posted by june at 03:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月28日

NY株は小幅に続伸

27日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、小幅に続伸し、終値は前日比36ドル26セント高の3万9164ドル06セント

ハイテク株中心のナスダックは53.52ポイント高の1万7858.68

S&P500は4.97ポイント高の5482.87




27日(日本時間)の日経平均株価は4営業ぶりに反落し、終値は前日比325円53銭安の3万9341円54銭


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)

27日の日経平均株価の終値は前日比320円超の大幅下落
posted by june at 06:53| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「世界の研究101から導いた 科学的に運気を上げる方法」とは

よく「情けは人の為ならず」というが、それは本当か?

堀田秀悟氏の「世界の研究101から導いた 科学的に運気を上げる方法」によると、他人の幸せを願うことは自分の幸せにつながるようだ

よく「他人の幸せを願うことは自分の幸せにつながる」と多くの人が唱え、多くの書籍でも書かれており、私もそうありたいとは思って生活してきました

堀田氏によると「そのこと」が科学的にも正しいというのです

「情けは人の為ならず」は古くからあることわざですが、「こういう」ことわざや言い伝え、伝承などが科学的にも正しいことはよくあります

もちろん、「これら」の全てが正しいとは限らず、間違っていることもあります

しかし「昔の人の知恵」なども当たっていることもあり、さすがだとは思いますね

ポジティブ・シンキングは今や当たり前になってきていて、トップアスリートや経済的、社会的な成功者の多くが「イメージトレーニング」などを実践しています
(トップアスリートはスポーツ的、社会的成功者で、多額の報酬を得るプロ(アマでも多額の報酬などを得れば)なども経済的成功者)

大リーグの大谷翔平投手もプロに入る前から「ポジティブ・シンキング」や「イメージトレーニング」を実践し、未来の(理想の)自分を目標にしていたようです




世界の研究101から導いた 科学的に運気を上げる方法 単行本

科学的に「運気」を上がる101の方法(ちょっとしたコツ)を紹介
★「自分はラッキーだ!」と思う
★週に1回、運動する
★緑がある場所に行く
★コーヒーの香りを嗅ぐ
★笑顔の自分を自撮りする
などいずれも実践しやすい
posted by june at 03:44| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする