2022年08月21日

プロ野球、村上内野手が打撃3冠へ2発・3安打3打点

20日に日本プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手が中日戦で2本塁打を含む3安打3打点をマークし、チームを7-2の勝利に導いた

この日の2本塁打で44本となり、球団(前身を含む)では2004年の岩村明憲氏に並ぶ球団日本選手最多本塁打

1試合複数本塁打は今季10度目

史上最年少となる通算150本塁打まであと2本と迫った

4打数3安打で打率を3割2分9厘に上げた

’この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

村上宗隆内野手は、20日現在、打率3割2分9厘、44本塁打、107打点でいずれもリーグトップ

本塁打は2位の巨人・岡本和内野手と丸外野手(23本)に21本差、打点は2位の阪神・大山内野手(71点)に36点差をつけ独走状態

カギとなる打率が2位のDeNA・佐野外野手(打率3割2分8厘)に1厘差で競っている

もし村上内野手が打撃3冠王を達成すれば史上8人目(11度目)で史上最年少(22歳)となる

それどころか打撃3冠に加え、85得点、272塁打、長打率7割2分7厘、出塁率4割5分7厘、83四球、得点圏打率3割4分4厘も20日現在でリーグトップで打撃9冠の可能性もあるのだ

ヤクルト(前身を含む)の本塁打44本以上・・・
60 バレンティン(外国人)
44 ペタジーニ(外国人)
44 岩村明憲
44 村上宗隆
(注)
10日現在
敬称略
バレンティン外野手の60本塁打は日本プロ野球記録


ユニフォーム型キーホルダーヤクルトスワローズ55村上宗隆選手ボタニカル柄

史上最年少の打撃3冠王の可能性もある村上宗隆内野手のユニホーム型キーホルダーです
posted by june at 07:35| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする