2022年08月20日

サル痘 1カ月半で世界の感染者6倍に急増

ウイルス感染症「サル痘」の世界の感染者数が過去約1カ月半で欧米を中心に6倍以上に急増した

変異により感染力が高まっている可能性がある

ワクチン不足も懸念され、一部の国は接種方法変更などの対応を模索

サルが危害を加えられる事例もあり、世界保健機関(WHO)は病名変更にも乗り出した

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

サル痘が世界で感染拡大しているようですね

新型コロナウイルスの感染拡大もあり、さらに手足口病の感染拡大も心配です

人類と感染症などとの闘いになってきましたね

人類は過去にも感染症などとの闘いをしてきました

「歴史は繰り返している」といえます

今後、世界がどう変わるかに注目です

変異により感染拡大が加速したともいわれます

変異の動向にも注意ですね

ワクチン不足も懸念され、上記のように接種方法変更なども模索されています

サル痘の名称によってサルに危害が加えられる事例も報告されています

サル痘は実験用サルから最初にウイルスが確認され名づけられたが、サルへのこれ以上の危害が起きないように名称変更も検討されている

偏見や差別、誤解も大きな問題だ

関連記事
人類と感染症の闘い



サル痘についての知識~歴史から対策まで~: 医師がまとめた わかりやすい

サル痘がウイルスの脅威として感染拡大しています
サル痘の歴史から対策までをわかるやすく解説・説明



サル痘パンデミック サバイブ マニュアル: 人命を脅かす死の感染症

サル痘が世界的に感染拡大しています
サル痘について正しく知り、対策をすることが大事です
posted by june at 12:53| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月の消費者物価2.4%上昇、7年半ぶり伸び率

総務省が19日発表した7月の全国消費者物価指数(令和2年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比2.4%上昇の102.22と11カ月連続で上昇した

伸び率は平成26年12月以来、約7年半ぶりの大きさ

消費税増税の影響を除くと、20年8月以来約14年ぶりの大きさだ

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ウクライナ危機。原油高、円安を背景に物価上昇

日銀の目標の物価上昇2%は4カ月連続で超えたが、日銀の目指す賃金上昇を伴う物価上昇は実現いていない

物価上昇に賃金上昇が伴わなければ家計は苦しくなる

食品・エネルギーなど物価上昇は続きそうで、今後も家計は厳しそう


世界大異変――現実を直視し、どう行動するか

今後、世界経済や国際政治はどう動くのか分析・解説
物価高や円安の激動の現在を世界的投資家が予測
自分を資産を守り「生かす」方法についても触れています
posted by june at 09:55| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、長期金利の上昇を受け、割高感の強まったハイテク株が売られ、反落した

19日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、長期金利の上昇を受け、割高感の強まったハイテク株が売られ、反落した

終値は前日比292ドル30セント安の3万3706ドル74セント

ハイテク株中心のナスダックは、260.12ポイント安の1万2705,22





19日(日本時間)の日経平均株価は、小幅に続落し、終値は前日比11円81銭安の2万8930円33銭


相場の短期的な過熱感が意識される中、週末を控えて持ち高調整や利益確定目的の売りが優勢になった

米株価指数先物が日本時間19日の取引時間帯に下落したことも、売りを促した面がある


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:11| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内感染26万人超 連日最多

国内で19日、新型コロナウイルス感染者が新たに26万1029人報告され、2日連続で1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新した

地方を中心に19道県で最多となり、お盆で人の移動が活発になったことが影響しているとみられる

帰省や旅行を終えた人が戻った都市部での感染再拡大も懸念され、流行「第7波」の収束は見通せない状況だ

死者は新たに294人報告された

直近7日間を平均した1日当たりの死者数は250人超で、第6波のピーク時を超え最多となっている

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

前述のようにお盆や帰省を終えた人が都市部に戻り、感染の再拡大が懸念される

帰省や旅行先で感染もあるだろうが、都市部の人が移動などで感染を拡大した可能性も高い

地方への感染拡大が中心になってきたことでもその可能性も高い

都市部へ戻った人が職場で感染を拡大することや夏休み終了で学校で感染拡大し家庭でさらなる感染拡大をする可能性もある

直近7日間の死者の平均が最多となっているのも今後の更なる感染拡大を思わせる

関連記事
人類と感染症の闘い



変異するウイルス【新型コロナウイルス変異株】変異歴とオミクロン株: 〜 ウイルスの構造・変異特徴・ワクチンを知る:副反応と有効性 〜

ウイルスの恐ろしさの一つに変異があります
新型コロナウイルスの変異の特徴などを解説
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」(中国の兵法書「孫子」から)です

帰省や旅行から戻り、さらには学校の夏休みも終わり、今後更なる感染拡大の可能性もあります
感染対策は繰り返しになりますが、消毒、マスクの適度な着用などの徹底です
posted by june at 05:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする