2022年08月23日

高校野球・夏の甲子園、仙台育英が初優勝、東北勢悲願の「白河の関」越え

22日に第104回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の決勝が行われた

決勝は仙台育英(宮城)と下関国際(山口)だった

仙台育英が下関国際に8-1で勝利し、初優勝

4回に先取点の1点を奪った仙台育英は5回のピンチをしのぎその裏さらに2点を追加

6回に下関国際に1点を反撃された

しかし7回に仙台育英は満塁本塁打などで5点のビッグイニングで試合を決めた

仙台育英の140キロ超クインテット(5重奏)・5人衆の1人でこの日の先発・斎藤蓉投手は7回1失点の好投で8回から5人衆の1人・高橋投手への継投

(この記事は、ベースボールチャンネルの記事で作りました)

仙台育英にとっても初優勝だが、東北勢にとっても優勝は悲願

悲願の「白河の関」越えだ

ちなみに、北国の夏の甲子園の優勝では北海道の駒大苫小牧が東北を飛び越えて「津軽海峡」越えを果たしています


大旗は海峡を越えた―駒大苫小牧野球部の軌跡

2004年の夏の甲子園で優勝した北国の北海道の駒大苫小牧の軌跡を収録した書籍
東北を飛び越え北海道のチームが優勝するとは奇跡的でした
深紅の優勝旗は津軽海峡越えです

今回の白河の関越えもすごいが、津軽海峡越えもすごい
posted by june at 05:19| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月22日

競馬、第58回札幌記念はジャックドールが優勝

21日にG1馬5頭が集まる第58回札幌記念(G2)が行われた

優勝は先行し直線抜け出した3番人気の藤岡佑介騎手騎乗のジャックドール

2着はクビ差で逃げ粘った2番人気のパンサラッサ、3着は1馬身1/2差で5番人気のウインマリリン

1番人気のソダシは5着でした

(この記事は、JRAのホームページの記事で作りました)

この一戦はソダシと同系一族の白毛のハヤヤッコの白毛馬対決でも注目されましたが、前述のようにソダシは5着、ハヤヤッコは10着でした

同レース連覇を狙ったソダシは昨年より厳しい条件(負担斤量など)だったのか連覇ならず

勝ったジャックドールはモーリス産駒で11戦7勝2着2回

11戦全てが芝2000メートル

天皇賞・秋(10月30日、G1、芝2000メートル)が楽しみですね
posted by june at 05:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月21日

プロ野球、村上内野手が打撃3冠へ2発・3安打3打点

20日に日本プロ野球・ヤクルトの村上宗隆内野手が中日戦で2本塁打を含む3安打3打点をマークし、チームを7-2の勝利に導いた

この日の2本塁打で44本となり、球団(前身を含む)では2004年の岩村明憲氏に並ぶ球団日本選手最多本塁打

1試合複数本塁打は今季10度目

史上最年少となる通算150本塁打まであと2本と迫った

4打数3安打で打率を3割2分9厘に上げた

’この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

村上宗隆内野手は、20日現在、打率3割2分9厘、44本塁打、107打点でいずれもリーグトップ

本塁打は2位の巨人・岡本和内野手と丸外野手(23本)に21本差、打点は2位の阪神・大山内野手(71点)に36点差をつけ独走状態

カギとなる打率が2位のDeNA・佐野外野手(打率3割2分8厘)に1厘差で競っている

もし村上内野手が打撃3冠王を達成すれば史上8人目(11度目)で史上最年少(22歳)となる

それどころか打撃3冠に加え、85得点、272塁打、長打率7割2分7厘、出塁率4割5分7厘、83四球、得点圏打率3割4分4厘も20日現在でリーグトップで打撃9冠の可能性もあるのだ

ヤクルト(前身を含む)の本塁打44本以上・・・
60 バレンティン(外国人)
44 ペタジーニ(外国人)
44 岩村明憲
44 村上宗隆
(注)
10日現在
敬称略
バレンティン外野手の60本塁打は日本プロ野球記録


ユニフォーム型キーホルダーヤクルトスワローズ55村上宗隆選手ボタニカル柄

史上最年少の打撃3冠王の可能性もある村上宗隆内野手のユニホーム型キーホルダーです
posted by june at 07:35| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月20日

サル痘 1カ月半で世界の感染者6倍に急増

ウイルス感染症「サル痘」の世界の感染者数が過去約1カ月半で欧米を中心に6倍以上に急増した

変異により感染力が高まっている可能性がある

ワクチン不足も懸念され、一部の国は接種方法変更などの対応を模索

サルが危害を加えられる事例もあり、世界保健機関(WHO)は病名変更にも乗り出した

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

サル痘が世界で感染拡大しているようですね

新型コロナウイルスの感染拡大もあり、さらに手足口病の感染拡大も心配です

人類と感染症などとの闘いになってきましたね

人類は過去にも感染症などとの闘いをしてきました

「歴史は繰り返している」といえます

今後、世界がどう変わるかに注目です

変異により感染拡大が加速したともいわれます

変異の動向にも注意ですね

ワクチン不足も懸念され、上記のように接種方法変更なども模索されています

サル痘の名称によってサルに危害が加えられる事例も報告されています

サル痘は実験用サルから最初にウイルスが確認され名づけられたが、サルへのこれ以上の危害が起きないように名称変更も検討されている

偏見や差別、誤解も大きな問題だ

関連記事
人類と感染症の闘い



サル痘についての知識~歴史から対策まで~: 医師がまとめた わかりやすい

サル痘がウイルスの脅威として感染拡大しています
サル痘の歴史から対策までをわかるやすく解説・説明



サル痘パンデミック サバイブ マニュアル: 人命を脅かす死の感染症

サル痘が世界的に感染拡大しています
サル痘について正しく知り、対策をすることが大事です
posted by june at 12:53| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月の消費者物価2.4%上昇、7年半ぶり伸び率

総務省が19日発表した7月の全国消費者物価指数(令和2年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比2.4%上昇の102.22と11カ月連続で上昇した

伸び率は平成26年12月以来、約7年半ぶりの大きさ

消費税増税の影響を除くと、20年8月以来約14年ぶりの大きさだ

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ウクライナ危機。原油高、円安を背景に物価上昇

日銀の目標の物価上昇2%は4カ月連続で超えたが、日銀の目指す賃金上昇を伴う物価上昇は実現いていない

物価上昇に賃金上昇が伴わなければ家計は苦しくなる

食品・エネルギーなど物価上昇は続きそうで、今後も家計は厳しそう


世界大異変――現実を直視し、どう行動するか

今後、世界経済や国際政治はどう動くのか分析・解説
物価高や円安の激動の現在を世界的投資家が予測
自分を資産を守り「生かす」方法についても触れています
posted by june at 09:55| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする