2022年08月30日

大相撲、秋場所新番付発表

日本相撲協会は29日、大相撲秋場所(9月11日初日、両国国技館)の新番付を発表した

先場所の7月の名古屋場所で初優勝した逸ノ城が西小結

元横綱朝青龍のおいで、他力士との「アヤ」で小結に据え置かれてた豊昇龍がようやく関脇に昇進した

以下に上位の新番付を示す

(東)
横綱 照ノ富士
大関 貴景勝

関脇 若隆景
関脇 大栄翔
小結 阿炎

前頭1 翔猿
前頭2 琴ノ若
前頭3 玉鷲

(西)
大関 正代
大関 御嶽海

関脇 豊昇龍
小結 逸ノ城
小結 霧馬山

前頭1 翠富士
前頭2 明生
前頭3 宇良

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

先場所初優勝の逸ノ城は小結返り咲き

今場所も注目

朝青龍のおいで春、夏場所と2場所連続で小結で勝ち越したものの、他力士との成績の兼ね合いで小結に据え置かれた豊昇龍は、名古屋場所に9勝を挙げ、ようやく新関脇

今場所以降の活躍も楽しみだ

先場所に新型コロナウイルス関連で休場の力士は・・・

休場までに勝ち越しと負け越しが決まっていなければ原則据え置き

7日目の休場まで2勝4敗だった大関御嶽海はカド番継続で西の2番目の大関

6勝6敗で13日目に休んだ関脇の大栄翔(13日目の不戦敗で先場所は6勝7敗2休)は東の2番目の関脇


ドルジ 横綱・朝青龍の素顔

年間6場所完全優勝の大記録を樹立した平成の大横綱・朝青龍
その朝青龍に唯一取材を許された著者による朝青龍の半生を綴った書籍

朝青龍のおいの豊昇龍は風貌、負けん気、足腰の強さなどが似ています
今後も注目の力士です
posted by june at 07:43| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月29日

大リーグ、大谷翔平投手が7回無失点で11勝目、投打での規定到達に前進

27日(日本時間28日)に米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で出場し、今季最多の109球で7回2被安打で無失点・9奪三振で自己最多を更新する11勝目(8敗)を挙げた

投球回数は128回となり、今後6度の登板が見込まれる中、自身初の規定投球回数(162)到達まで34回とした

ワールドシリーズが始まった1903年以降で史上初となる投打での規定到達に前進

打者では2打数無安打2四球で、チームは2-0で勝利した

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

大谷翔平投手は、昨季は9勝、46本塁打でア・リーグMVPを獲得しました

昨季は本塁打王新生を演じ、打者での活躍が目立ちましたが、今季は28日までに11勝、27本塁打でどちらかというと投手での活躍が目立ちます

自身初の規定投球回数到達も「見えて」きましたし、投打での規定到達も「見えて」きました

今後、10勝、30本塁打と投打での規定到達などに注目されます

大谷投手関連では、所属球団エンゼルス売却や大谷投手の今後の去就も気になりますね


Angels 大谷翔平 ロサンゼルス エンゼルス #17 プレイヤー Tシャツ プレイヤー プリント位置 夏服 ポリエステル 100% Tシャツ メンズ レディース スポーツ 無地 個性的 通気性 半袖 薄手 男女兼用 快適 プリント ゆったり ファッション できます 赤

大谷翔平投手のプレーヤーズ型のTシャツです
暑い夏場も快適にすごせます

今後の10勝以上・30本塁打以上の到達や投打での規定到達へ注目ですね
posted by june at 05:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

FRBの利上げ継続姿勢にダウ平均株価が1000ドル超の大幅下落

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は26日の講演で、インフレ(物価上昇)の抑制に向けて当面、利上げを継続する姿勢を鮮明にした

金融引き締めの長期化で景気が後退するとの懸念が強まり、同日のニューヨーク株式市場は、ダウ平均株価が1000ドルを超す急落となった

ダウ平均株価の終値は前日比1008ドル38セント安の3万2283ドル40セントだった

下落幅が1000ドルを超えるのは約3か月ぶり

市場では、インフレがピークを越えればFRBの利上げペースが鈍化するとの楽観的な見方も出ていたが、パウエル氏の発言が冷や水を浴びせた形だ

パウエル氏は、カンザスシティー連邦準備銀行が3年ぶりに対面で開いた経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」に参加した

講演では「インフレ率が低下していると確信するにはほど遠い」との考えを示した上で、「(インフレ抑制を)やり遂げるまで(引き締めを)やり続けなければならない」と訴えた

急速な利上げが停滞気味の景気を一段と落ち込ませる懸念については、「家計や企業に痛みをもたらす」としながらも、「物価の安定を取り戻せなければ、もっと大きな痛みを伴う」との考えを示した

FRBは7月の会合で、6月に続いて2回連続で通常の3倍にあたる0.75%の利上げを決め、政策金利は年2.25~2.50%となった

次回9月20~21日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅が焦点となるが、パウエル氏は「今後のデータを総合的に判断する」と述べ、利上げ幅への言及は避けた

米国の記録的なインフレは、沈静化が見通せない状況だ

7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比8.5%と6月(9.1%)から減速したものの、家賃やサービス価格は高い伸びが続いている

(この記事は、読売新聞の記事で作りました)

利上げを継続するFRBの姿勢にダウ平均株価は1000ドルを超える大幅下落の反応を示しました

今後もダウ平均株価などの動きに注目です

世界経済の中心は米国であり、今後も米市場の動向が注目されます


アメリカ連邦準備制度(FRS)の金融政策 世界の中央銀行

世界の経済・金融の中心は米国であり、その米国の中央銀行といえるFRBは世界の中央銀行といえます
FRBの金融政策は世界に大きな影響を与え注目されています
FRBの金融政策から世界経済などを「読む」
posted by june at 11:54| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球、日本ハム・ポンセ投手がノーヒットノーラン達成

27日に日本プロ野球・日本ハムのコディ・ポンセ投手がソフトバンク戦にノーヒットノーランを達成した

スコアは2-0

プロ野球史上98度目、87人目の達成となった

今季5人目で、1940年の最多記録に82年ぶりに並んだ。

ポンセ投手は113球で完封

四球と死球を一つずつ与えた

8回には安打性の当たりもあったが、バックの守りに助けられた

今季は4月10日に28年ぶりの完全試合を成し遂げた佐々木朗希投手(ロッテ)から始まり、5月11日に東浜巨投手(ソフトバンク)、6月7日に今永昇太投手(DeNA)、同18日に山本由伸投手(オリックス)が無安打無得点試合を記録した

ポンセ投手は今季日本ハムに加入

大リーグではパイレーツなどでプレーした

ソフトバンクが無安打無得点試合を喫したのは、3投手の継投による2017年6月14日の巨人戦以来

1人の投手に許したのは2012年10月8日のオリックス西勇輝投手(当時)以来となった

ソフトバンクは2位西武も敗れたため、首位は守った

先発の武田投手はアクシデントがあったとみられ、3回2失点で降板した

その後は泉投手や津森投手らが無失点に抑えた

(この記事は、西日本スポーツの記事で作りました)

今季5人目のノーヒットノーランです

ノーヒットノーランは今季5度目で1940年と並ぶプロ野球最多タイです

日本プロ野球のシーズン5度のノーヒットノーラン・・・
1940年
亀田忠(イーグルス)
浅野勝三郎(阪急)
沢村栄治(巨人)
三輪八郎(阪神)
石田光彦(阪急)

2022年
佐々木朗希(ロッテ)(完全試合)
東浜巨(ソフトバンク)
今永昇太(DeNA)
山本由伸(オリックス)
ポンセ(日本ハム)
(注)敬称略

日本プロ野球の個人最多ノーヒットノーラン達成者は、沢村栄治氏と外木場義郎氏(うち完全試合1度)の3度

米大リーグは、ノーラン・ライアン氏の7度


沢村栄治ものがたり―南の海に消えたエース

プロ野球草創期に大活躍した伝説の大投手・沢村栄治
ノーヒットノーランを3度記録しています
そんな彼も戦争で亡くなっています
posted by june at 04:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

モササウルス類すら餌にする、最強の「モササウルスの新種」の化石を発見

発見者によれば「コモドドラゴンとホホジロザメとティラノサウルスとシャチを掛け合わせたような生き物」で、海の頂点に君臨していたという


白亜紀の海に生息していた新種の海生爬虫類の化石が、その「最後の晩餐」の跡とともにモロッコで発見された

タラソティタン・アトロックスと命名された、この巨大な海生爬虫類は「モササウルス」の一種で、巨大な隕石が地球に衝突して白亜紀が幕を閉じる少し前の、約6600万年前に生息していた

化石を発見した研究者たちは、8月24日発行の学術誌「CretaceouResearch」で発表

この論文によれば、タラソティタンは海の食物連鎖の頂点に君臨し、体長は約12メートルに成長

さまざまな海洋生物を捕食していたとみられる

英バース大学ミルナー進化センターの上級講師で論文の筆頭著者であるニック・ロングリッチ博士は、声明の中で「タラソティタンは素晴らしい、だが恐ろしい生物だ」と述べ、さらにこう続けた「コモドドラゴンとホホジロザメとティラノサウルスとシャチを掛け合わせたような生き物を想像して欲しい」

モササウルスは恐竜ではなく巨大なトカゲで、現代のイグアナの遠い親戚にあたる

海の食物連鎖の頂点に君臨し、ほかのさまざまな海洋生物を捕食していた

「彼らはさまざまなものを食べた。おそらく主に食べていたのは、魚やイカなどだ。いわゆる『臼歯』がある者もいるため、二枚貝やウニ、甲殻類やアンモナイトのようなものを食べていたと思われる。今回発見したモササウルスは、ほかの海生爬虫類を食べていた」とロングリッチ氏・・・

今回、モロッコのフリーブカにあるウーレド・アブドゥーン盆地で発見された化石の周りには、その「餌」になったとみられる生物の化石もあった

近くにあった大型の肉食魚、ウミガメ、長さ50センチプレシオサウルス(首長竜)の頭部、それに少なくとも3つの異なるモササウルス類の顎や頭蓋骨などの化石には、酸による損傷がみられ、歯や骨に食いちぎられた跡があった

タラソティタンがこれらの生物を食べて胃の中で消化し、骨だけを吐き出したという、研究者たちの説を裏づけるものだ

ロングリッチ氏は声明で「これらは状況証拠だ」と述べ、さらにこう続けた「どの種がこれらのモササウルスを食べたのか、確実なことは言えない。だが大型の捕食者に殺されて食べられた海生爬虫類の骨が複数見つかった。そして同じ場所に、捕食者の特徴に合致する種であるタラソティタン(の化石)が見つかった。ほかの海生爬虫類を専門に捕食するモササウルス類だ。これはおそらく、偶然ではないだろう」

タラソティタンは、ティラノサウルスやトリケラトプスをはじめ、白亜紀後期に生息していた他の無数の種と同じように、6000万年前の隕石衝突の影響で絶滅したと考えられている

(この記事は、ニューズウィークの記事で作りました)

モササウルス類は海の食物連鎖の頂点に君臨していたという

そのモササウルス類すら餌にしていたと思われる最強の「モササウルスの新種」の化石が発見された

タラソティタン・アトロックスと命名された

コモドドラゴンとホホジロザメとティラノサウルスとシャチを掛け合わせたような生き物」で、海の頂点に君臨していたという

まさに海の食物連鎖の頂点に君臨していたような生き物ですね

さらに詳しく解明されるといいですね


モササウルス 復元パズル図鑑

中生代の海の王者といわれたモササウルスの復元パズル
モササウルスの生態と勇姿の分かるポスター付き
posted by june at 12:18| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする