2022年02月27日

原油 追加増産見送りか、露参加の3月のOPECプラスに注目

石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国でつくる「ОPECプラス」は3月2日、閣僚級会合を開き、当面の原油生産態勢を話し合う

ロシア軍のウクライナ侵攻を受けた供給面への懸念を背景に原油価格が7年以上ぶりの高騰局面にある中、産油国の対応が焦点

ただ、侵攻の当事国で世界3位の産油国でもあるロシアがОPECプラスの主要な産油国のため、対立する米欧に追い風となる追加増産は考えにくいとの見方が日本の市場関係者の間で出ている

ロシア軍のウクライナ侵攻が伝わった今月24日の米欧の原油先物相場は、代表的な指標が一時1バレル=100ドルを突破した

その後は値を戻し、25日のニューヨーク原油先物相場は米国産標準油種(WTI)の4月渡しが前日比1.22ドル安の1バレル=91.59ドルで終えた

OPECプラスでの議論は、OPECの盟主であるサウジアラビアとОPEC非加盟国の代表格であるロシアが主導的な役割を担っている

方針決定に当たっては、2020年に始まった協調減産の参加国による全会一致が原則だ

今回の閣僚級会合について、三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩チーフマーケットストラテジストは「ウクライナをめぐってロシアと米国がにらみ合う中、(米国が求める)追加増産という形はなりにくいのではないか」と予想

別の国内アナリストも「ロシアからの原油供給が大幅に欠けるといった事態が起きない限りは、現行の増産ペース(毎月日量40万バレルずつの減産縮小)が踏襲されるだろう」とみる

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ОPECプラスの生産態勢にロシアの影響力が強く、追加増産は見送りとなる可能性が高い

原油高の続く可能性も


結局、世界は「石油」で動いている

これだけ脱炭素化の動きのある中でも現状で原油(石油)は重要な資源であり、V物価やエネルギーなどさまざまに大きな影響がある
posted by june at 10:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球、ヤクルトが連覇へ2022年オープン戦開幕で継投のノーノ―発進!

プロ野球は26日、宮崎、沖縄両県でオープン戦が開幕し、観客を入れてデーゲーム5試合が行われた

昨季20年ぶりに日本一に輝いたヤクルトは、楽天戦(浦添)に5-0で快勝

7投手の継投でノーヒットノーランを達成した

オープン戦初戦でのノーヒットノーランは1988年の日本ハム以来、34年ぶり

球団初の2年連続日本一へ最高のスタートを切った

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

ヤクルトがいきなり衝撃のスタート!!

プロ野球のオープン戦が26日から開幕したが、その開幕戦でヤクルトが7投手の継投によるノーヒットノーランを達成

球団初の2年連続日本一へ好発進だ


2021 東京ヤクルトスワローズ 日本一 (サンケイスポーツ特別版)

ヤクルトを追い続けたサンケイスポーツのヤクルト日本一のサンケイスポーツ特別版
サンケイスポーツのサンケイは以前球団のオーナーだったこともあり、中身が充実している
posted by june at 05:15| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

東証反発505円高、続落の反動か

25日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した

ウクライナ情勢は悪化の一途だが、前日の米国市場で対立激化への過度の警戒感が緩み買い戻しが優勢となった流れを引き継いだ形で、アジア株も上昇した

先進国の追加制裁が想定よりも抑制的だったことから、ロシアの実効支配で早期に決着するとの見方が広がったとの指摘も

日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、前日比505円68銭高の2万6476円50銭で取引を終えた

前日までの5営業日で1500円近く下落した後でもあり、割安銘柄に買いが入った

先進7カ国(G7)が公表した追加の対露制裁では国際的な貿易や金融取引の資金決済ネットワークからロシアを遮断する強硬策が盛り込まれず、安心感が広がった

ロシアを決済網から締めだせば原油や天然ガスの取引が滞り、一時1バレル=100ドルを超えた原油価格がさらに高騰する

インフレに悩む先進国にも「返り血」が避けられない

一方、北大西洋条約機構(NATO)はウクライナへの部隊派遣を否定している

米国は覇権を争う中国と相対する中で、ロシアと二正面作戦に踏み切る余裕がないのが実情

すでにロシア軍の攻撃が始まった首都キエフの陥落を防ぐ具体的な手立てに乏しい

SMBC日興証券の野地慎チーフ為替・外債ストラテジストは「足元の事態はウクライナの「泣き寝入り」でいったん収束すると、市場で意識されたのではないか」と推億している

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

25日の東京市場の日経平均株価は505円上昇し、25日のNY市場のダウ平均株価も834ドル上昇し、2日続伸

最近の下落続きの反動もある

ただ、週明け以降の株価の先行きは不透明だ


株式市場の本当の話 (日経プレミアシリーズ)

株式市場での取材などから日本経済の復活のヒントを探る
posted by june at 16:05| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア軍がウクライナ・チェルノブイリ原発掌握

ウクライナに侵攻したロシア軍の戦車部隊が25日、首都キエフ中心部から北西に約30キロのホストメリに到達し、戦闘が起きたもようだ

ウクライナのメディアが伝えた

ウクライナ大統領高官は24日夜、1986年に爆発事故を起こしたウクライナ北部のチェルノブイリ原発がロシア軍に掌握されたと発表した

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ロシア軍がチェルノブイリ原発を掌握したようですね

侵攻が深刻化を強めています

25日の東京市場の日経平均株価は、このところの下落で買戻しの動きがあり、6営業日ぶりに505円の大幅反発

NY市場もダウ平均株価が800ドル以上の大幅続伸となりましたが、今後の市場の見通しは不透明

ウクライナ情勢次第

対ロシアの追加制裁は、各国も進めており、日本も半導体などの輸出規制へ

ただ、各国、日本の追加制裁がどこまで効果があるかは不透明だ


世界情勢を最速で知る海外ニュースチャンネルガイド: ロシア侵攻・コロナ新株にリアルタイムかつ惑わされずに対応する:スピード・情報量・正確性の情報源

世界情勢をす早く知る海外ニュースチャンネルガイド
世界情勢の「今」を知り「先」を読む
posted by june at 14:16| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男子テニス、ジョコビッチ選手が361週続いた世界1位から陥落

男子テニスのドバイ選手権は24日、ドバイで行われ、シングル準々決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)が世界ランキング123位のイジ・ベセリー選手(チェコ)に2-0(4-6、6-7)で敗れる波乱

ジョコビッチ選手は28日付のランキングで、これまで通算で歴代最多の361週在位した世界1位から陥落する

世界2位から浮上するダニル・メドベージェフ選手がロシア男子でカフェルニコフ選手、サフィン選手に次ぐ史上3人目の世界1位となる

ジョコビッチ選手にロジャー・フェデラー選手(スイス)、ラファエル・ナダル選手(スペイン)、アンディ・マリー選手(英国)を加えた4選手以外の1位は2004年以来

ジョコビッチ選手は新型コロナウイルスのワクチン未接種で1月の全豪オープンに出場できず、今大会が今季初戦だった

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

ジョコビッチ選手は長く世界1位に在位した男子テニスのトップ選手です

食事法で小麦アレルギーから「復活」した「経験」などから自然治癒力を高める方法の愛好家といわれています


ジョコビッチの生まれ変わる食事 あなたの人生を激変させる14日間プログラム (扶桑社BOOKS)

ジョコビッチ選手を「復活」させた小麦アレルギーだった体質を改善させたグルテンフリーの食事法
この「経験」が新型コロナウイルスのワクチン未接種につながっているとも
自然治癒力を高める方法の愛好家といわれています
posted by june at 12:14| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする