2021年11月22日

ラグビー、日本がスコットランドに惜敗!

20日に、ラグビーの欧州遠征「リポビタンDツアー2021」の最終第3戦が英国・エディンバラで行われ、日本代表が強豪・スコットランド代表に20-29の惜敗

姫野選手、松島選手、フィフィタ選手らが躍動・・・

2年後のワールドカップ(W杯)フランス大会へ「あと一歩」の課題もあったが、スコットランドに善戦した収穫もあった

60失点の屈辱のアイルランド戦と見違える動きを見せ、強豪を追い詰めた

課題と収穫を手に、今後の「進化」「成長」を期待したい

もう善戦、惜敗、健闘はいらない

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

2019年W杯日本大会のスコットランドに勝った再現はならなかったが、スコットランドに善戦しての惜敗

今後も強豪国とのマッチメイクで打倒強豪国で今後のW杯4強以上を目指せ


「週刊現代」特別編集 オールカラー ラグビー日本代表 初の8強入り全記録 2019年10月、日本列島に桜咲く!

2019年ラグビーW杯日本大会における日本代表8強の軌跡
posted by june at 11:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬、第38回マイルチャンピオンシップはグランアレグリアが有終V!

21日に、競馬の第38回マイルチャンピオンシップ(G1、阪神競馬場芝1600メートル)が行われました

1番人気のクリフトフ・ルメール騎手騎乗のグランアレグリアが優勝

芝1200メートル~1600メートルでは、現役最強馬と思っていましたが、強い勝ち方で突き抜け、ラストランの有終の美を飾りました

グランアレグリアはG1・6勝目、獲得賞金額10億円突破、昨年に続く同レース連覇です

グランアレグリアはディープインパクト産駒

来年2月に定年退職の藤沢和雄調教師の集大成の一つに

騎乗するルメール騎手はJRA通算1500勝達成

2着は3/4馬身差で2番人気のシュネルマイスター、3着はさらに1/2馬身差で5番人気のダノンザキッド

2着と3着が3歳馬、今年の3歳馬は強いですね

(この記事は、JRAのホームページの記事で作りました)

私の注目馬は・・・

1着・グランアレグリア、2着・シュネルマイスター、4着・インディチャンプ、6着・サリオス、13着・グレナディアガーズ

馬券予想は当たりました


衝撃の彼方 ディープインパクト

第38回マイルチャンピオンシップを昨年に引き続き連覇で勝ち有終の美を飾ったグランアレグリアはディープインパクト産駒
日本競馬史上2頭目の無敗の2冠馬でG1・7勝の歴史的名競走馬で多くの名馬を輩出した大種牡馬のディープインパクトの魅力に迫る書籍
posted by june at 04:27| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする