2021年11月18日

4年8カ月ぶりの円安 一時114円97銭

17日の東京外国為替市場の円相場は一時1ドル=114円97銭まで下落し、115円台に迫った

平成29年3月以来、約4年8カ月ぶりの円安・ドル高水準となった

円安は輸出業者にとって追い風となる一方、原材料の輸入価格を押し上げガソリンや食品価格の上昇を招き、家計には負担増となる

消費が冷え込めば、新型コロナウイルス禍からの経済回復に冷や水となりかねない

9月の円相場は1ドル110円前後だった

しかし、新型コロナウイルからの回復で米国の早期利上げの見方が強まり、米長期金利がじわじわと上昇

16日に発表された米国の小売売上高などの経済指標は堅調な内容だった

このため低金利が続く日本との金利差拡大により円の運用が不利になるとの見方が広がり円売りドル買いが進んだ

原料などの輸入価格が上がっても、簡単に値上げできない状況に「今はあまりいい円安ではない」との見方も

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

円安も原油高騰に影響しているようです

輸入業者は原料などの輸入価格の上昇を簡単に値上がりすることは消費を鈍らしかねず、できにくいようです

輸出業者も円安でも世界的な半導体不足や新型コロナウイルスコロナウイルス流行に伴う部品調達不足などがあるようです


外国為替の実務

外国為替の基本知識から実務まで解説
posted by june at 10:31| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン168円高値圏続く、価格抑制困難か

17日に、経済産業省が発表した15日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、8日時点の前回調査と比べて10銭安い168円90銭

価格上昇が止まり、11週ぶりに値下がりしたが、依然高値圏は続いている

政府は燃料価格高騰の抑制のため補助金を石油元売り業者に出す対策を検討中だが、その効果には懐疑的な見方も・・・

小売りの現場に混乱を招く恐れも・・・

経済産業省によるとガソリン価格は下がったが、灯油は11週連続の値上がり

18リットル当たりの価格は1円高い1950円と約13年1カ月ぶりの高値

暖房需要が高まる冬場の家計の打撃へ

政府は19日に決定する経済対策で前記の補助金を出す措置を盛り込む方針

具体的にはガソリンの場合は全国平均小売価格が1リットル当たり170円を超えた場合に、最大5円を抑制する案があり、年内開始を目指す

しかし、その効果は限定的で派との声も・・・

給油所の約7割は小規模業者で元売り業者が卸売価格を抑えても、経営が苦しい給油所が小売価格に反映させなければ、消費者に恩恵は及ばなくなる

給油所の混乱の危惧も・・・

卸売価格の小売価格への反映は、給油所の店頭在庫次第という側面もあるからだ

幹線道路沿いの利用者が多い給油所は在庫回転が早く、卸売価格を抑制された新たなガソリンが入ってくる半面、在庫回転が遅い郊外の給油所では小売価格がなかなか下がらないといった差が生じかねない

ガソリンなどに課せられている税金を下げる対策もあるとの見方も・・・

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ガソリン価格は数字的には10週連続上昇で少し値下がりしましたが、依然高値圏であり、今後も価格動向に注視だし、灯油価格は11週連続上昇で暖房需要の高まる冬場へ家計への打撃も心配だ

価格抑制は難しそうです

原油価格高騰は、ガソリン、灯油などだけではなく、私たちの生活に大きな影響を与えそうです


原油相場 (現代の錬金術師シリーズ)
posted by june at 09:05| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、早期の米利上げ観測が再燃する中、高値警戒感から利益確定の売りなどに押され、反落

17日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、早期の米利上げ観測が再燃する中、高値警戒感から利益確定の売りなどに押され、反落

終値は、前日比211ドル17セント安の3万5931ドル05セント

ハイテク株中心のナスダックも52.29ポイント安の1万5921.57





17日(日本時間)の日経平均株価は、5営業日ぶりに反落し、終値は、前日比119円79銭安の2万9688円33銭


前日までの4営業日で700円ほど上昇した後とあって、幅広い銘柄に利益確定の売りが出た

外国為替市場で円安・ドル高が進み、原材料の輸入コスト上昇が企業の業績を下押しするとの懸念も重荷だった

(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:35| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー、W杯アジア最終予選で日本がオマーンに勝利、沈滞ムードを三苫選手が変えた!

現地時間16日(日本時間17日)にアウェイのマスカットでB組の日本がサッカー2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選でオマーンに1-0で勝ち、3連勝で勝ち点を12へ

これにより日本は4勝2敗で本大会出場権を獲得できる2位に浮上
(B組はこの日サウジアラビアが1-0でベトナムに1-0で勝ち5勝1分け、オーストラリアが中国に1-1の引き分けで3勝2分け1敗となったため)

最終予選は、来年1月に再開予定
(日本はホームで中国と対戦予定)

2敗をし、もう勝つしかない日本は両チームとも得点の入らないスコアレスドローで後半へ

後半から出場した代表選初出場のMF三苫薫選手が、後半36分に相手ゴール前のクロスからFW伊東純也選手が2試合連続のゴールを決め、1-0で日本は勝った

停滞・沈滞ムードだった日本を三苫選手が変えた・・・

貴重なゴールをアシストし、勝利に貢献した

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

三苫選手が後半から出場し、オマーンデフェンスを引きつけドンピシャのクロスで伊東選手のゴールをアシスト

まだまだ勝つしかない厳しい戦いが続きますが、アウェイでのこの勝利は大きい


20世紀ワールドカップヒーローズ [DVD]

ワールドカップでの20世紀のヒーローたちのスーパープレーなどのDVD
posted by june at 06:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする