2021年11月17日

ガソリン高抑制へ補助金

16日に、萩生田光一経済産業相は、ガソリン高騰への対策として、価格が一定水準を超えた場合に石油元売り業者への補助金支給を検討していると表明した

原油高に伴う卸売価格への転嫁を抑え、店頭での値上がりに歯止めをかける狙い

小売価格を1リットル当たり最大5円引き下げる案が浮上

萩生田氏は「・・・機動的に対応したい」とし、令和3年度予算の予備費の活用を示唆

時限的、緊急避難的な激変緩和措置だと強調し、政府が19日に決定する経済政策に盛り込む方針

ガソリン価格は原油高を受けて上昇を続けており、家計や事業者への圧迫が懸念されている

8日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、1日時点の前回調査に比べ30銭高い169円ちょうど

10週連続上昇で、平成26年8月以来約7年3カ月ぶりの169円台に

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

ガソリン価格上昇が止まりませんね

原油高の影響なのでしょうが・・・

ガソリン価格が全国英金で1リットル当たり170円を超えたら補助金を出し、5円を上限に支給する案があるようですが・・・


原油相場 (現代の錬金術師シリーズ)
posted by june at 15:12| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国共産党が天安門事件を「動乱」と認定、歴史決議で武力弾圧を正当化

16日に、中国共産党は、党の重要会議、第19期中央委員会第6回総会(6中総会)が11日に40年ぶりに採決した「歴史決議」の全文を公表した

その中で、1989年の天安門事件を「動乱」と認定し民主化要求運動を武力弾圧した判断を正当化した

習総書記(国家主席)就任以来の功績を強調

歴史決議は、過去に建国の指導者・毛沢東氏と改革・開放政策を推進した鄧小平氏しかまとめておらず、習氏は(歴史的な)2人と並ぶ地位を確立したことになる

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

1989年は中国語の学校から中国へ9月に留学する予定でしたが、天安門事件で留学を断念

天安門事件は強制的な力による武力弾圧に感じましたが、中国共産党は「動乱」として、民主化要求運動を武力弾圧したことを正当化した歴史決議をまとめました

習氏の権力・権威もさらに強くなったようです


八九六四 完全版 「天安門事件」から香港デモへ (角川新書)
posted by june at 13:29| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京証券取引所が開業

15日に、中国で4カ所目となる「北京証券取引所が開業
(上海、広東省深圳、香港に次ぐ)

習近平国家主席の主導で開設したもので、革新的な中小企業の資金支援を掲げる

米国との金融、科学技術に関する対立の長期化を念頭に置き、海外に頼らなくて済むようなベンチャー企業の資金調達や育成を進める中長期的な思惑もうかがえる

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

北京証券取引所は、習氏主導で、米中対立を念頭にしたようだ


中国共産党の経済政策 (講談社現代新書)

中国の経済政策について
posted by june at 08:49| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、堅調な米個人消費が景気回復を支えるとの見方が強まり、反発

16日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、堅調な米個人消費が景気回復を支えるとの見方が強まり、反発

終値は、前日比54ドル77セント高の3万6142ドル22セント

ハイテク株中心のナスダックは、120.01ポイント高の1万5973.86




16日(日本時間)の日経平均株価は、小幅に上昇し、4営業日続伸し、終値は、前日比31円32銭高の2万9808円12銭


15日までの3日間で700円近く値上がりしていて、朝方は利益確定のための売り注文が優勢に

一方、決算で好業績を発表した企業の株などに買い注文が集まり、売り買いが交錯する展開に


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)

posted by june at 07:54| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球、赤ヘル名将・古葉竹識氏が死去していた

16日に、1975年に赤ヘル旋風を巻き起こして広島を球団創設26年目で初の( セ・)リーグ優勝に導き、その後も3度の日本一になった元広島、大洋(現DeNA)監督の古葉竹識(こば・たけし、本名・毅)氏が12日に、85歳で死去していたことがわかった

葬儀、告別式は近親者で執り行った

球界一かといわれる猛練習と機動力野球でカープの礎を築き、山本浩二氏、衣笠祥雄氏らを鍛え上げ、万年Bクラスだった広島をリーグ制覇4度、日本一3度の強豪チームにした名将が死去

監督通算873勝は歴代15位

広島での3度の日本一も見事だったが、その前の1975年に赤ヘル旋風で球団初のリーグ優勝をしたのが印象深いですね

古葉氏は1958年に専大を中退し、広島に入団、俊足巧打の遊撃手として活躍し、1963年は打撃成績で「同期」の長嶋茂雄氏の2厘差の2位(死球であごを骨折し戦線離脱)、翌1964年に盗塁王、1968年も盗塁王となった

1970年に南海(現ソフトバンク)に移籍、翌1971年に現役引退

そのまま南海でコーチとなり、野村ID野球を学んだ

1974年に広島に復帰、森永監督の下で1軍守備コーチ、翌1975年にルーツ監督が15試合指揮しただけで帰国したため、5月に監督就任

先の赤ヘル旋風でリーグ優勝(日本シリーズで阪急に敗れ日本一はならず)

1979年、1980年、1984年に日本一

1985年に勇退

監督11年間で9度のAクラス

1987年に大洋の監督になるが、3年連続Bクラスで1989年辞任

1990年から社団法人少年軟式野球国際交流協会の理事長を務めた

2007年から東京新大学リーグの東京国際大で指導し、2008年に監督就任

2011年に春季リーグ戦で初優勝し、同年の大学選手権準決勝で敗退

2015年の退任後は名誉監督を務めていた

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)


耐えて勝つ (ザメディアジョンMJ新書 1) (ザメダィアジョンMJ新書 1)

赤ヘル旋風を振り返る
posted by june at 07:25| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする