2021年11月14日

将棋、竜王獲得で藤井(史上最年少)4冠、竜王戦4連勝で6人目の快挙

12、13日に行われた将棋の第34期竜王戦七番勝負第4局で、挑戦者の藤井聡太3冠(棋聖、王位、叡王)がタイトル保持者の豊島将之竜王に122手で勝ち、対戦成績4連勝でタイトル奪取

第4局は豊島竜王が優勢で進んだが、冷静な指し回しの藤井3冠に、豊島竜王にミスが出ての逆転勝ち

これで藤井4冠に・・・

19歳3カ月での4冠は史上最年少で羽生善治九段の22歳9カ月を大きく更新

史上初の10代の4冠

4冠達成者は、大山康晴氏(故人)、中原誠氏(引退)、米長邦雄氏(故人)、谷川浩司九段、羽生善治九段に続く史上6人目の快挙

竜王は将棋界最高峰といわれるタイトル・・・

小学4年でラジオ番組で「名人を越えたい」と発言した言葉がある意味で現実となった

藤井4冠は将棋タイトル全8冠(竜王、名人、棋聖、王位、王座、棋王、叡王、王将)のうち半数を手にし、現在最多

将棋界は「藤井時代」へ

進行中の王将戦挑戦者決定リーグ戦でもただ一人無敗の4連勝中で、渡辺明王将(名人、棋王も保持)への挑戦権獲得も

今年度に5冠の可能性も

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

将棋タイトル全8冠も藤井4冠なら可能かもしれない


最年少三冠王 藤井聡太 (将棋世界Special)


藤井聡太 名人をこす少年

無限の可能性の藤井4冠の強さに迫る
posted by june at 11:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬、第46回エリザベス女王杯の枠順と私の注目馬

14日15時40分発走予定の競馬の第46回エリザベス女王杯(G1、阪神競馬場芝2200メートル)の枠順と私の注目馬について以下に示します

1-1  レイパパレ
1-2  クラヴェル
2-3  アカイトリノムスメ
2-4  イズジョーノキセキ
3-5  ステラリア
3-6  ランブリングアレー
4-7  シャムロックヒル
4-8  テルツェット
5-9  ウインマリリン
5-10 ムジカ
6-11 ソフトフルート
6-12 デゼル
7-13 リュヌルージュ
7-14 ロザムール
8-15 ウインキートス
8ー16 アカイイト
8-17 コトブキテティス
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

私の注目馬は・・・
秋華賞馬でディープインパクト×アパパネの良血馬のアカイトリノムスメ
ディープインパクト産駒で大阪杯の勝ち馬のレイパパレ
オールカマーを勝ったウインマリリン
目黒記念を勝ってオールカマー2着のウインキートス


衝撃の彼方 ディープインパクト
posted by june at 04:59| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする