2021年11月12日

iPS細胞による卵巣がんの免疫療法の治験、京大が初移植

11日に、京大の金子新教授らの研究チームは人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した「NK(ナチュラルキラー)細胞」という免疫細胞を卵巣がん患者の患部に移植し治療するがん免疫療法の治験を開始したと発表した

既に9月、国立がん研究センターで最初の移植手術を実施

手術は成功して容体は安定し、患者は退院したという

治験の対象は国内で年間約1万人発生している卵巣がん患者の15~20%を占め、抗がん剤が効きにくいとされる卵巣明細胞がんの重症患者6~18人

今年3月、国の審査機関である薬品医療機器総合機構(PMDA)に実施を届け出て認められた

iPS細胞を使ったがん免疫療法の治験は千葉大などが昨年、別の免疫細胞で実施しており、今回は国内で2番目の取り組みとなる

計画では、健常者の血液から作ったiPS細胞に、がん細胞を認識し攻撃する能力を強化する遺伝子を導入し、培養して大量に増やす

その後、リンパ球の一種でがん細胞を攻撃する働きを持つNK細胞に変化させ、患者の体重1キロ当たり50万~300万個を最大4回注射で移植し、治療の安全性や有効性を確かめる

初の移植では、50歳代の女性患者に3回投与した

金子教授は同日の記者会見で「1例目を安全に行うことができてほっとしている。有効性も確認し早く患者に届けたい」チ話した

体の免疫機能を維持・強化することでがんを治療する免疫療法には、患者自身から採取したNK細胞を培養・増殖し体内に戻す方法もあるが、十分な量を得るには時間も手間もかかる

だがiPS細胞を使えば大量増殖が可能で、多くの患者を十分な量のNK細胞で迅速に治療できる

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

iPS細胞の可能性が広がりますね

安全性や有効性が確認できるといいですね


Newton別冊『最新 iPS細胞』


iPS細胞の研究室:体のしくみから研究の未来まで
posted by june at 12:03| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、前日に市場予想を下回る決算を発表したディズニーが大幅安となり、ダウ平均を押し下げた

11日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、3日続落、前日に市場予想を下回る決算を発表した映画・娯楽のウォルト・ディズニーが大幅安となり、ダウ平均を押し下げた

終値は、前日比158ドル71セント安の3万⑤9②1ドル23セント

11日はベテランズデーの祝日で米国は経済指標の発表がないうえ債券市場も休場とあって、相場を動かす材料に乏しかった

ハイテク株中心のナスダックは、前日に長期金利上昇を背景に売られたが見直し買いが入り、相場を下支えした

3日ぶりに反発し、前日比81.58ポイント高の1万5704.28




11日(日本時間)の日経平均株価は、5営業日ぶりに反発し、終値は前日比171円08銭高の2万9777円86銭


前日のニューヨーク株式市場で、主要3指数が下落した流れを受けて、11日朝の東京株式市場も、売り注文が優勢で始まり

しかし、その後、日経平均株価は10日までの4営業日で、700円近く値下がりしており、値を下げた銘柄に割安感から買い注文が

平均株価の上げ幅は、一時200円を超える場面も


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:05| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大リーグ、大谷投手がオールMLBチームの先発投手・DHの2部門で最終候補

10日に、米大リーグ機構は、ファン搭乗などで選出する「オールMLBチーム」の最終候補を発表

投打二刀流で歴史的な活躍のエンゼルス・大谷翔平投手が先発投手、DH(指名打者)の2部門でリスト入り

2年前から始まった表彰で、1選手が2部門で候補入りするのは大谷投手が初めて

最終結果は23日に発表予定

オールMLBリームは、ア・ナ両リーグの区別なく、ファーストチーム、セカンドチームを選出

両チームとも先発投手5人、救援投手2人、捕手、内野手、DHが各1人ずつ、外野手は3人

昨年はカブスでプレーしたダルビッシュ有投手(現パドレス)が日本選手で初めてファーストチーム入り

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

大谷投手がオールMLBチーム入りするか注目ですね


道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 (扶桑社BOOKS文庫)
posted by june at 05:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする