2021年11月24日

大相撲、照ノ富士の新横綱からの2場所連続優勝なるか!?に注目

23日に行われた大相撲九州場所10日目は、9日まで全勝だった大関・貴景勝が敗れ、同じく全勝の横綱・照ノ富士がこの日も勝ったため、照ノ富士が単独トップに・・・

全勝が照ノ富士、1敗で貴景勝と平幕の阿炎が追う展開に

照ノ富士は、元大関で優勝もしたが、病気(糖尿病)とケガで番付が序二段まで降格

そこから番付を上げ、再入幕

優勝をするなど優秀な成績で再び大関へ

さらに大関から横綱に昇進した

先場所、新横綱で優勝すると、大鵬以来の新横綱からの3場所連続優勝を今場所狙っている

言葉にすると、簡単だが、元大関が病気とケガで序二段にまで降格し、そこから番付を再び上げ、横綱に昇進したのは凄いと思います

照ノ富士の新横綱からの2場所連続優勝が成るかに注目


奈落の底から見上げた明日

元大関で優勝経験もあった照ノ富士が病気とケガで序二段にまで降格し、そこから横綱にまで昇進した
自ら苦闘の日々を振り返る
posted by june at 05:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

NY株は、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長再任を好感し、反発

22日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長再任を好感し、反発

終値は、先週末比17ドル27セント高の3万5619ドル25セント

ハイテク株中心のナスダックは、202.68ポイント安の1万5854.76




22日(日本時間)の日経平均株価は、小幅続伸し、終値は、先週末比28円24銭高の2万9774円11銭

欧州を中心とした新型コロナウイルスの感染再拡大で世界経済の先行きに慎重な見方が広がるなか、医薬品株などに買いが入った

米国株価指数先物が時間外取引で持ち直したのも支えになった

東京市場はあす祝日で休場とあって、様子見姿勢から積極的な上値追いは限られた


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 07:09| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球、山本由伸投手が沢村賞、大リーグ、大谷翔平投手が国民栄誉賞辞退

22日に、プロ野球草創期の大投手・故沢村栄治氏の名を冠した、シーズンの最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が東京都内で開かれ、オリックスの山本由伸投手が全会一致で初受賞した

球団では2014年の金子千尋投手(現弌大、日本ハム)以来2人目

山本投手は、沢村賞の選考基準の勝利数15以上(18勝)、奪三振数150以上(206個)、防御率2.00以下(1.39)、登板数25以上(26試合)、勝率6割以上(7割8分3厘)をクリアしており、完投数10以上(6試合)、投球回数200以上(193回2/3)が僅かに及ばなかった

最優秀防御率、最高勝率、最多勝、最多奪三振のタイトル4冠を独占し、タイトルではないが最多完封(4試合)も獲得する史上8人目の投手5冠

日本球界NO.1投手ともいえる活躍だが、チームの日本一も狙う

日本シリーズに出場中の山本投手・・・

20日の日本シリーズ第1戦では6回1失点で降板し、勝敗には関係なかった

チームはサヨナラ勝ちしたが、自身の投球内容に納得していない

次回の登板は、27日の第6戦が濃厚

チームの勝利へ準備を整える

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

投手分業制が進んだ現在、選考基準の完投数と投球回数をクリアすることは難しくなっている

今季の山本由伸の成績はその中で突出していた


沢村栄治 裏切られたエース (文春新書 1300)

大学野球全盛の時代、慶大進学を夢見た沢村氏は家庭の事情もあり、ベーブ・ルースらの大リーグ選抜と戦うため、旧制中学を中退し、後にプロ野球チームとなる全日本に参加
惜しくも敗れたが、大リーグ選抜に0-1、9奪三振で好投、ベーブ・ルースらからも三振を奪った
当時の日米の野球のレベル差を考えたら大変な快挙
しかし中学中退の学歴が3度も兵役へ
3度目の兵役で戦死することに



同日に大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がア・リーグMVP獲得で国民栄誉賞の打診も「まだ早い」と辞退していたことがわかった

野球界では、福本豊氏、イチロー氏(3度)が辞退している

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

大谷投手の辞退はさらなる高見を目指す気持ちの表れか!?

今後の更なる活躍に期待したい


MVP!!大谷翔平 ユニホームTシャツ 顔 エンゼルス 赤 レッド Mサイズ

大谷投手のア・リーグMVP獲得を記念したTシャツ
posted by june at 06:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月22日

ラグビー、日本がスコットランドに惜敗!

20日に、ラグビーの欧州遠征「リポビタンDツアー2021」の最終第3戦が英国・エディンバラで行われ、日本代表が強豪・スコットランド代表に20-29の惜敗

姫野選手、松島選手、フィフィタ選手らが躍動・・・

2年後のワールドカップ(W杯)フランス大会へ「あと一歩」の課題もあったが、スコットランドに善戦した収穫もあった

60失点の屈辱のアイルランド戦と見違える動きを見せ、強豪を追い詰めた

課題と収穫を手に、今後の「進化」「成長」を期待したい

もう善戦、惜敗、健闘はいらない

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)

2019年W杯日本大会のスコットランドに勝った再現はならなかったが、スコットランドに善戦しての惜敗

今後も強豪国とのマッチメイクで打倒強豪国で今後のW杯4強以上を目指せ


「週刊現代」特別編集 オールカラー ラグビー日本代表 初の8強入り全記録 2019年10月、日本列島に桜咲く!

2019年ラグビーW杯日本大会における日本代表8強の軌跡
posted by june at 11:57| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬、第38回マイルチャンピオンシップはグランアレグリアが有終V!

21日に、競馬の第38回マイルチャンピオンシップ(G1、阪神競馬場芝1600メートル)が行われました

1番人気のクリフトフ・ルメール騎手騎乗のグランアレグリアが優勝

芝1200メートル~1600メートルでは、現役最強馬と思っていましたが、強い勝ち方で突き抜け、ラストランの有終の美を飾りました

グランアレグリアはG1・6勝目、獲得賞金額10億円突破、昨年に続く同レース連覇です

グランアレグリアはディープインパクト産駒

来年2月に定年退職の藤沢和雄調教師の集大成の一つに

騎乗するルメール騎手はJRA通算1500勝達成

2着は3/4馬身差で2番人気のシュネルマイスター、3着はさらに1/2馬身差で5番人気のダノンザキッド

2着と3着が3歳馬、今年の3歳馬は強いですね

(この記事は、JRAのホームページの記事で作りました)

私の注目馬は・・・

1着・グランアレグリア、2着・シュネルマイスター、4着・インディチャンプ、6着・サリオス、13着・グレナディアガーズ

馬券予想は当たりました


衝撃の彼方 ディープインパクト

第38回マイルチャンピオンシップを昨年に引き続き連覇で勝ち有終の美を飾ったグランアレグリアはディープインパクト産駒
日本競馬史上2頭目の無敗の2冠馬でG1・7勝の歴史的名競走馬で多くの名馬を輩出した大種牡馬のディープインパクトの魅力に迫る書籍
posted by june at 04:27| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする