2021年10月20日

衆院選公示 31日投開票、有権者の選択に注目

19日に、第49回衆院選は公示され、31日の投開票に向けて12日間の選挙戦が始まった

新型コロナウイルス対策や経済成長と分配の在り方が主な争点

4日に発足した岸田文雄内閣とともに、安部晋三、菅義偉陵政権の実績も問われる

連立政権を組む自民、公明両党と、立憲民主、共産両党を軸とした野党共闘の対決が基本構図

衆院選が行われるのは平成29年10月以来、約4年ぶり

選挙区289,全国ブロックの比例代表176の計465議席

選挙区と比例代表あわせて計1051人が立候補

どちらに政権運営を委ねるか有権者の判断が注目される

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)


岸田ビジョン 分断から協調へ (講談社+α新書)



枝野ビジョン 支え合う日本 (文春新書)



与党第1党と野党第1党のリーダーの書籍
posted by june at 12:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、朝方発表された米主要企業の決算が軒並み市場予想を上回ったことが好感され、反発

19日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、朝方発表された米主要企業の決算が軒並み市場予想を上回ったことが好感され、反発

終値は、前日比198ドル70セント高の3万5457ドル31セント

ハイテク株中心のナスダックは、107.28ポイント高の1万5129.09




19日(日本時間)の日経平均株価は、反発し、終値は、前日比190円06銭高の2万9215円52銭


日本時間19日の取引で米長期金利の上昇が一服したことを手がかりに、値がさの半導体関連銘柄や成長(グロース)株を中心に買いが入った

上げ幅は200円を超える場面もあった

一方、外国為替市場で円安・ドル高の流れが一服しており、自動車など輸出関連株の一角に売りが出たことが重荷だった

19日のアジア株式市場で香港や上海の株価指数が堅調に推移したことも日本株の支えとなった

国内で新型コロナウイルスの新規感染者の減少傾向が続いており、経済活動の再開への期待から、小売株の一部に物色の矛先が向かった

きょうは衆院選が公示された

31日の投開票に向けて、過去の経験則をもとに株高になるとの期待も支えだった


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 10:27| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球、松坂大輔投手がラスト登板

19日に、日米通算170勝を挙げ、「平成の怪物」と称された日本プロ野球・西武の松坂大輔投手がメットライフドームでの日本ハム戦で引退試合に臨み、23年間のプロ生活に別れを告げた

プロ入りした時の背番号「18」をつけ、先発した松坂投手は、神奈川・横浜高の後輩・日本ハム・近藤外野手に四球を与え降板


ボロボロになっても現役にこだわった

「あきらめなければ報われると強く感じたせてくれたのは(延長十七回を戦い、9-7で勝利した1998年)夏のPL学園戦。あの試合があきらめの悪さの原点」

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

松坂大輔投手は、まさに「平成の怪物」だった

神奈川・横浜高3年で甲子園での春夏連覇

しかも夏の決勝ではノーヒットノーランの快挙

翌年、日本プロ野球・西武に入団するとプロ1年目から大活躍

プロ1年目のオリックス・イチロー外野手との初対決では3打席連続三振(1四球)に抑え、「自信から確信に変わった」とコメント

プロ1年目から3年連続最多勝

2007年に大リーグ挑戦

レッドソックスで移籍1年目から15勝、18勝で2年連続15勝以上

2007年に日本投手初のワールドシリーズ勝利でレッドソックスの「世界一」に貢献

2006年と2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)制覇で2大会ともMVP

日米通算200勝も可能と思われた

しかし2009年のWBC以降の大リーグのレギュラーシーズン以降は故障がちに

大リーグの球団も2013年以降インディアンス(マイナー契約)、メッツに移籍

2015年にソフトバンクで日本球界復帰

2018年に中日移籍

2020年に西武に移籍

2021年7月7日にこの年限りの現役引退を発表し、この日の引退試合を迎えた


日本プロ野球)
15年、114勝65敗1セーブ、防御率3.04
・タイトル
最優秀防御率2回(2003年、2004年)、最多勝3回(1999年ー2001年)、最多奪三振4回(2000年、2001年、2003年、2005年)
・表彰
沢村賞1回(2001年)、新人王(1999年)
オールスターゲームMVP1回(2004年第1戦)
ベストナイン3回(投手部門:1999年-2001年)
ゴールデングラブ賞7回(投手部門:1999年ー2001年、2003年ー2006年)

アメリカ大リーグ
8年、56勝43敗1セーブ3ホールド

日米通算
23年、170勝108敗2セーブ3ホールド、防御率3.53


MLB 松坂大輔 ~ボストン・レッドソックス~ [DVD]
posted by june at 09:55| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする