2021年06月25日

6月の経済報告は「下振れリスク」削除で景気「持ち直し」維持、東京五輪に「配慮」も感じた

24日に政府が発表した6月の月例経済報告で、前月まで国内景気の先行きに対する懸念材料として挙げていた「観戦拡大による下振れリスクの高まり」との表現を3カ月ぶりに削除した

景気の現状については「持ち直しの動きが続いているもの㋨、一部で弱さを増している」と2カ月連続で維持した

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

7月23日に開会する予定の東京五輪については、言及していないが、個人的には「アンタッチャブル」な問題として、触れなかった印象を受けた

期間中の「状況」が「判断」しづらい面もあるが・・・

東京五輪に「特別」な配慮も感じた


お家でとことん楽しむ! 東京五輪ぜんぶ (TJMOOK)


東京五輪がもたらす危険

東京五輪の賛否のそれぞれの書籍を挙げた
posted by june at 07:44| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、インフラ合意を好感し反発

24日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、バイデン米政権と上院超党派グループがインフラ投資計画をめぐり合意したことを好感し、反発

終値は、前日比322ドル58セント高の3万4196ドル82セント

ハイテク株中心のナスダックは、97.98ポイント高の1万4369.71で史上最高値を3にち連続で更新






24日(日本時間)の日経平均株価は、小反発し、終値は、前日比0円34銭高の2万8875円23銭

前日の英国株の3営業ぶりの小反落を受け、主力銘柄に売りが出た一方で、自動車、鉄鋼などが値上がりし、小反発


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 05:55| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大リーグ、大谷投手が6回1失点9Kの好投も4勝目ならず

23日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がジャイアンツ戦で「2番・投手」で先発登板し、6回6被安打1失点・9奪三振2四球の好投も3勝目ならず、勝敗もつかなかった

2018年10月に、右肘手術後、最多の105級を投げ「復活」を感じさせたのだが・・・

打撃は3打数無安打・2三振

チームは延長十三回、タイブレークの末3-9で敗れた

十二回には捕手が負傷交代し、投手が左翼の守備に就くハプニングも

この日の大谷投手の最速は99.2マイル(約160キロ)を計測し、9奪三振

開幕から先発登板した全11試合で5奪三振以上で、球団では1978年のノーラン・ライアン以来、43年ぶりをマーク

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)


大谷翔平 二刀流の軌跡
posted by june at 05:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする