2021年06月21日

大リーグ、大谷投手が22号 自己最多タイ

19日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がタイガース戦に「2番・DH」でフル出場し、三回に2試合連続となる22号2ランを放った

メジャー1年目の自己最多に並び、4打数1安打2打点・1得点1四球1三振だった

プロ野球・日本ハム時代の最多も22本塁打だった

チームは8-3で勝った

今季の大谷投手は本塁打を量産しており、メジャー1年目に打者出場101試合目で到達した自己最多本塁打に66試合目で並んだ

ここ5試合で5本塁打

この間に投手として3勝目も挙げた

「二刀流」で活躍していますね

この日23号をマークしたリーグトップのゲレロ内野手(ブルージェイズ)に1本差だ

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)


不可能を可能にする 大谷翔平120の思考
posted by june at 11:32| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理科年表に誤記 メキシコ最古の津波は幻

日本の戦国時代に当たる1537年に起きたとされているメキシコ史上最古の津波は、東京天文台(現・国立天文台)が編集した昭和34(1959)年版「理科念表」が津波があったと誤記したために生まれた「幻の津波だったことが分かった

気象庁気象研究所(茨城県)の林豊室長が調査結果を米地震学会誌で発表

文献で確認できるメキシコ最古は江戸時代中期の1732年となる

「幻の津波」はその後も引用されたりするなどした

1537年にメキシコで津波があったとしているのは理科年表の昭和34(1959)年~昭和38(1963)年

1531年の地震に「津波あり」と書き加え、訂正するはずが、すぐ下にある1537年の地震に「メキシコ津波あり」と誤記したものとみられる

誤記は訂正されないまま昭和39版の改訂で理科年表から消えたが、古い版からの引用が繰り返されてきた

林氏の指摘を受け、現在の編集担当である纐纈(こうげつ)一紀慶大特任教授(地震学)が最新の理科年表を再調査し、ミスの原因ともなった1531年のスペインとポルトガルの地震で津波を書き漏らしていることを確認

纐纈氏は「訂正したい」としている

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

理科年表は、重要な参考文献・データベースの一つで、誤記があったのは驚きです

誤記はあったものの、理科年表は、重要な文献と思っています


理科年表 2021
posted by june at 08:40| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロボクシング、井上尚選手3回KO防衛

19日に、プロボクシングのWBA、IBFバンタム級タイトルマッチがアメリカ・ラスベガスで行われ、統一王者で28歳の井上尚弥選手がIBF1位のマイケル・ダスマリノス選手を3回2分45秒でKOで下した

スーパー王座のWBAは5度目、IBFは3度目の防衛に成功

世界3階級制覇の井上尚はボディ攻撃で2回に最初のダウンを奪い、3回に2度のダウンを奪い仕留めた

自身が持つ日本最多の世界戦連勝を16に、世界戦KO勝利数を14に伸ばした

これで井上尚選手の戦績は21戦全勝(18KO)

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

井上尚選手は、圧巻・圧倒的強さでしたね

目標である世界4団体統一を見据えた


別冊カドカワ【総力特集】井上尚弥 (カドカワムック)


posted by june at 05:40| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする