2021年06月25日

NY株は、インフラ合意を好感し反発

24日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、バイデン米政権と上院超党派グループがインフラ投資計画をめぐり合意したことを好感し、反発

終値は、前日比322ドル58セント高の3万4196ドル82セント

ハイテク株中心のナスダックは、97.98ポイント高の1万4369.71で史上最高値を3にち連続で更新






24日(日本時間)の日経平均株価は、小反発し、終値は、前日比0円34銭高の2万8875円23銭

前日の英国株の3営業ぶりの小反落を受け、主力銘柄に売りが出た一方で、自動車、鉄鋼などが値上がりし、小反発


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 05:55| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大リーグ、大谷投手が6回1失点9Kの好投も4勝目ならず

23日に、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手がジャイアンツ戦で「2番・投手」で先発登板し、6回6被安打1失点・9奪三振2四球の好投も3勝目ならず、勝敗もつかなかった

2018年10月に、右肘手術後、最多の105級を投げ「復活」を感じさせたのだが・・・

打撃は3打数無安打・2三振

チームは延長十三回、タイブレークの末3-9で敗れた

十二回には捕手が負傷交代し、投手が左翼の守備に就くハプニングも

この日の大谷投手の最速は99.2マイル(約160キロ)を計測し、9奪三振

開幕から先発登板した全11試合で5奪三振以上で、球団では1978年のノーラン・ライアン以来、43年ぶりをマーク

(この記事は、サンケイスポーツの記事で作りました)


大谷翔平 二刀流の軌跡
posted by june at 05:36| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

「リンゴ日報」休刊を発表

23日に、中国(当局・共産党)に批判的な香港紙「リンゴ日報」が休刊に追い込まれた

「リンゴ日報」は、香港の「自由」などを目指し、中国・広東省広州出身の黎智英(ジミー・ライ)氏が創業した

24日付を最後に新聞の発行を停止し、ウェブサイトの更新も同日未明に終了されると発表された

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

香港国家安全維持法(国安法)違反の「圧力」で休刊へ

しかし、「自由」「民主化」などが「復活」すると信じたい


香港はなぜ戦っているのか
posted by june at 07:49| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、手掛かり材料に乏しい中、3営業日ぶりに反落

23日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、手掛かり材料に乏しい中、3営業日ぶりに反落

終値は、前日比71ドル34セン安の3万3874ドル24セント

ハイテク株中心のナスダックは、18.46ポイント高の1万4271.73





23日(日本時間)の日経平均株価は、小反落し、終値は前日比9円24銭安の2万8874円89銭

主力株を中心に戻り待ちの売りが出た一方、前日の米国株市場の上昇の影響で下値が堅かった


(この記事は、ネットニュースの記事で作りました)
posted by june at 06:31| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

評論家・立花隆さん死去

23日に、首相の金脈問題を雑誌で追及して退陣に追い込んだ「田中角栄研究」をはじめ、科学や医療など幅広い分野のノンフィクション作品で知られる評論家でジャーナリストの立花隆(たちばな・たかし、本名橘隆志=たちばな・やかし)さんが4月30日に80歳で死去していたことが分かった

葬儀は家族で「樹木葬」として行った

立花さんは、昭和15年長崎生まれで、東大仏文科卒

文芸春秋勤務を経て東大哲学科に学士入学し、在籍中から執筆活動を始めた

s昭和49年10月に、田中角栄首相をめぐる「金権」を綿密に調べ、月刊誌「文芸春秋」に「香中角栄研究」を発表

金権問題に斬り込み、田中内閣は総辞職

昭和51年に発覚したロッキード事件でも批判を展開した

徹底した調査報道が評価され、昭和58年に菊池寛賞受賞

その後も幅広い分野で評論を展開

平成10年に第1回司馬遼太郎賞受賞

晩年まで執筆を続けた

幅広い分野で評論した「知の巨人」だった

(この記事は、産経新聞の記事で作りました)

立花さんといえば、多くの分野で評論を展開しましたが、特に「田中角栄研究」は有名ですね

立花さんの読書術なども興味深いですね


知の旅は終わらない 僕が3万冊を読み100冊を書いて考えてきたこと (文春新書)


田中角栄研究全記録(上) (講談社文庫)


田中角栄研究全記録(下) (講談社文庫)

posted by june at 06:21| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする