2021年02月28日

大リーグ、今季の大谷翔平投手の投打二刀流に注目

大リーグで投打二刀流を目指しているエンゼルス・大谷翔平投手

昨季(2020年)の大リーグレギュラーシーズン60試合(新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、大幅短縮)は、開幕から投打二刀流が可能となったが、投手としては、わずか2試合の登板で、1回2/3で7失点・7自責点で0勝1敗、防御率37.80で故障し、以後は打者に専念

その打者では、44試合、153打数29安打、7本塁打、24打点、打率1割9分0厘だった

投打では、投手としてはレギュラーシーズン2試合登板で故障し、打者でも不振だった


果たして2021年のシーズンはどうなるのか!?

昨季は不振だっただけに、今季(2021年)への巻き返しが期待される

投打二刀流の先駆者・ベーブ・ルースをも超え、「リアル二刀流」の実現を期待してしまう

今季の活躍に期待だし、注目しています

野球の夢の一つ「リアル投打二刀流」の実現を見てみたい!!


posted by june at 14:39| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬、ディープインパクトに唯一日本馬で勝ったハーツクライ

競馬の競走馬のハーツクライは、日本馬では、唯一ディープインパクトに勝っています

4歳の有馬記念で、それまで差し馬でしたが、先行して、ディープインパクトの末脚を1/2馬身抑えて優勝

ディープインパクトは、この有馬記念前に7戦7勝で日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬になっており、有馬記念でも断然の1番人気でした

ハーツクライは、このレース前は、3歳時の日本ダービーでキングカメハメハの2着、宝塚記念でスイープトウショウの2着、直前のジャパンカップでアルカセットの2着と大レースの好走はあるものの、G1は未勝利で、レースの勝利まではないと思われました


ちなみに、ハーツクライは、変則2冠馬(NHKマイル→日本ダービー)のキングカメハメハと同世代

血統は、父サンデーサイレンス母アイリッシュダンス(トニービン)

父がディープインパクトと同じ大種牡馬のサンデーサイレンス

母が日本で9勝し、重賞2勝のアイリッシュダンス


ハーツクライは、有馬記念の優勝でG1初勝利

翌年の5歳時には、ドバイに遠征し、ドバイシーマクラシックで4馬身差快勝し、海外G1勝利

ディープインパクトは、ハーツクライと別路線の国内で戦い、、秋にフランスの凱旋門賞で3着入線後に、「悪意なき」禁止薬物検出で失格しており、ディープインパクトも勝てなかった海外G1をハーツクライは勝っています

ハーツクライはドバイシーマクラシックを勝った後、イギリスに遠征し、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでハリケーンランの3着

その後、日本に帰国し、ジャパンカップでディープインパクトと久々の再戦となります

しかし、喘鳴症(ノド鳴り)の影響からかディープインパクトの10着に敗れます

このレースを最後にハーツクライは現役を引退して種牡馬となります

種牡馬としても、ワンアンドオンリー(日本ダービー)、ヌーヴォデコルト(オークス)、リスグラシュー(エリザベス女王杯、宝塚記念、コックスプレート、有馬記念)などの大物を出し成功しています

ハーツクライは、ディープインパクトに唯一勝った日本馬であり、ディープインパクトも勝てなかった海外G1を勝利し、現役引退後は種牡馬として成功しています

その雄姿は21世紀の名馬Vol.4「ハーツクライ」(週刊Gallop臨時臨時増刊)で見ることができます



21世紀の名馬VOL.4「ハーツクライ」 (週刊Gallop臨時増刊)

ディープインパクトに唯一勝った日本馬ハーツクライの勇姿
posted by june at 02:56| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする