2021年02月16日

日経平均株価が大幅反発、3万円台に

15日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、プレジデント・デーでお休み




15日(日本時間)の日経平均株価は、米国など海外主導の景気回復に対する期待から輸出株を中心に買われて先週末比564円08銭高の3万0084円15銭と大幅に反発

3万円の大台を回復

上げ幅は500円を超え、バブル期の1990年8月2日以来30年半ぶりに終値が3万円を上回った
posted by june at 07:21| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経平均株価が3万円台へ

15日の東京株式市場の日経平均株価の終値が先週末比564円08銭高の3万0084円15銭

終値としては、1990年8月2日以来約30年半年ぶりに3万円台の大台に

世界的な新型コロナウイルス対策で金融緩和などが進み、お金が株式市場へ

ワクチン接種が国内で始まる期待感や、企業業績が堅調なところもあり、株高に反映されている

ただし、新型コロナウイルスの収束の見通しは見えず、過熱する株価上昇に警戒感も

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)

割と「あっさり」3万円の大台を越えましたね

NY株式市場も堅調だし、株高傾向ですね

しかし、前述のように、新型コロナウイルスなどの収束の見通しは見えず、株価上昇への警戒も一方ではあります

今後も株価の動きには注目です



金融の世界史: バブルと戦争と株式市場 (新潮選書)

「歴史は繰り返す」
時代が移り変わり、市場が変化しても株価は世相を反映し上下している
現在は「今のところ」世界的戦争はなく、戦争の影響は少ない
金融緩和などで株高傾向だが、先は「不透明」
全体としては市場は拡大し続けると思われるが、株価は上下を繰り返すと思われる
株高がいつ終わるのかの見極めが大事なのは、本書を読むと「歴史」が語っている
「歴史」を学ぶことは今後の株価の動きの参考にもなるだろう

posted by june at 04:33| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする