2020年12月12日

文科会がGoTo停止 再び提言

11日に、政府の文科会は、会合を開き、感染状況・ステージ3(感染急増)の地域では、観光支援事業「GoToトラベル」の一時停止を再度求める提言をした

文科会では、感染拡大で年末年始の医療に重大な影響を与えるとしている

ただし、菅義偉首相は、一時停止について「まだそこまで考えていない」と否定している

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)

感染拡大の状況では、GoTo見直し(一時停止も含め)も検討した方がいいのでは!?

新型コロナウイルスのワクチンに「期待」しているのかもしれませんが・・・



新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)


免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ (ブルーバックス)
posted by june at 16:22| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

与党税制大綱決定

10日に、自民、公明両党は、令和3年度与党税制改正大綱を決定した


令和3年度税制改正大綱の主なポイント・・・

脱炭素社会の構築・・・省エネに役立つ投資をした企業に勢優遇

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進・・・クラウドサービスの導入などの投資をした企業に税優遇

新型コロナ対策
・地価が上昇した全ての土地の固定資産税の負担を軽減
・自動車のエコカー減税の延長や自動車取得時にかかる税負担の軽減
・住宅ローン減税の特例を延長し住宅業界を下支え
・企業などの赤字を繰り越して翌期以降の税負担を軽減する仕組みを拡充
・航空機燃料にかかる税金を1年限定で引き下げ航空会社を支援

企業関連
・新規雇用者の給与総額が増加した大企業を税優遇
・従業員の給与総額が増加した中小企業を税優遇

子育て関連
・子や孫への資金の一括贈与時の税優遇措置の延長
・ベビーシッターなどの利用助成を所得税の課税対象から除外

国際金融都市・・・国際金融都市の実現に向け、外国人の海外資産を相続税の対象から除外

IR・・・訪日客のカジノの勝ち金を非課税、国内客のカジノの勝ち金は課税

納税環境整備
・確定申告などの税務手続きの押印廃止
・スマートフォンアプリでの納税を可能に

今回の改正による減税効果が通年で表れた場合、国で500億円~600億円、地方で40億円規模の減税となる

(この記事は、産経新聞の記事で作成しました)



令和2年度 図解 税制改正のポイント

令和2年度の税制改正のポイントを知り、令和3年度に「備える」
posted by june at 12:34| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国土強靭化 5カ年対策 閣議決定

11日に、政府は令和3~7年度を期間とする国土強靭化「5カ年加速化対策」を閣議決定した

防災に強い地域づくりが狙いで、123事業15兆円を予定している

大規模災害などに「備える」

(この記事は、産経新聞の記事を参考にしました)



国土強靭化: 日本、アジア、そして世界における災害と対峙する

国土強靭化と世界の災害について考える
posted by june at 08:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株は、小幅に反発、ディズニーが急伸

11日(現地時間)のNY株(ダウ平均株価)は、小幅に反発

動画配信事業に強気の見通しを示した米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが急伸した

終値は、前日比47ドル11セント高の3万0046ドル37セントで2日ぶりに3万ドル台を回復

ハイテク株中心のナスダックは、27.94ポイント安の1万2377.87






11日(日本時間)の日経平均株価は、続落し、前日比103円72銭安の2万6652円52銭

米雇用情勢の悪化懸念を背景に、売りが優勢に

欧州中央銀行(ECB)が10日に追加金融緩和を決めたほか、新型コロナウイルスのワクチンの使用が進むとの期待感もあり、買いも入った
posted by june at 07:58| Comment(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小松政夫さん死去

7日に、「電線音頭」「しらけ鳥音頭」「小松の親分さん」のネタで知られる人気コメディアンで俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎雅臣=まつざき・まさおみ)さんが78歳で死去していたことが11日にわかった

地元放送局の劇団で俳優を目指し、その後上京、植木等さんの付き人兼運転手に

1968年に、バラエティのレギュラーとなり、その後「電線音頭」「しらけ鳥音頭」などで人気に

俳優としても活躍した

映画評論家の淀川長治さんのものまねでも知られましたね

「電線音頭」「しらけ鳥音頭」は、流行りました

(この記事は、サンケイスポーツの記事を参考にしました)



ひょうげもん

コメディアン・小松政夫の一代記
posted by june at 05:00| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする