2020年12月06日

東京都新規感染者584人で過去最多、全国の重症者520人で過去最多

5日の東京都の新規感染者が584人と過去最多を更新

東京でGoToトラベルの発着を一部自粛を呼び掛け、大阪で不要不急の外出自粛を要請した初めての週末でしたが、感染拡大傾向は止まらず・・・


これらの傾向は全国でも

5日の国内新規感染者が2508人

そのうち重症者は前日より15人増えて520人と過去最多


都道府県別では

大阪府399人、愛知県219人、神奈川県193人、北海道183人などとなっています

個人で感染対策の徹底は今後も必要ですが、個人レベルでは抑えきれる段階は過ぎ、政府なども、経済も大事ですが、思い切った新型コロナウイルス対策が必要だと思います

ワクチンなどの開発にも「期待」します

(この記事は、産経新聞、ネットニュースのNHKの記事を一部参考にしました)



新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)
posted by june at 15:07| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイザー年内供給ワクチン半減

3日に、米紙ウォールストリートジャーナル電子版は、米製薬ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンの年内供給量が当初の計画から半減したと報じた

原材料の調達に課題があるためだという

なお、日本への供給は問題ないようだ

来年は予定通りに供給できるとしている

生産体制の安定に伴って「遅れは取り戻せる」としている

(この記事は、産経新聞の記事を元に作成しました)



免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ (ブルーバックス)
posted by june at 12:01| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ2 カプセル分離成功

5日に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウにサンプルを詰めたカプセルの切り離しに成功

カプセルは、火球のようになって大気圏に突入し、地球へ6年ぶり地球へ帰還へ

オーストラリアの南部の砂漠に帰還予定

太陽系誕生や地球生命の起源の謎などを解明する手がかりになると期待されている

はやぶさ2は、エンジンを噴射し、軌道を変え、地球を離れ、別の小惑星1998KY26の探査に向かった

帰還はせず、片道だけの「長旅」で令和18年7月の到着を目指す


JAXAによるときょう6日の早朝3時にカプセルは着地したとみられる

カプセルが大気圏に突入する際に、カプセル表面は3000度ほどの高温になるとされ、カプセルがこの高温に耐えられるかが最後の難関

カプセルは高温に耐えられるよう炭素繊維の装置で覆われているが・・・

カプセルは地上のチームが回収予定

カプセルが「無事」で、今回のプロジェクトが成功するといいいですね

(この記事は、産経新聞、サンケイスポーツの記事を一部参考にしました)



夢のお仕事シリーズ JAXA [DVD]

JAXAの「仕事」について解説




思わず夢中になる宇宙おもしろ雑学―――【図解】月を見て、星を見て、ふしぎに思ったことはありませんか

宇宙のおもしろ雑学、宇宙の謎を紹介
posted by june at 10:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬、第21回チャンピオンズカップの枠順と私の注目馬

6日15時30分発走予定の競馬の第21回チャンピオンズカップ(G1、中京競馬場ダート1800メートル)の枠順と私の注目馬について以下に示します

1-1  タイムフライヤー
1-2  ゴールドドリーム
2-3  メイショウワザシ
2-4  エアアルマス
3-5  クリンチャー
3-6  エアスピネル
4-7  カフェファラオ
4-8  サンライズノヴァ
5-9  アルクトス
5-10 アナザートゥルース
6-11 チョウワウィザード
6-12 モズアスコット
7-13 インティ
7-14 ヨシオ
8-15 クリソベリル
8-16 サトノティターン
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は・・・
父がサンデーサイレンス産駒唯一のダートG1馬のゴールドアリュールで、全兄にジャパンダートダービー勝ちのクリソライト、半姉(父ディープインパクト)にエリザベス女王杯、宝塚記念勝ちのマリアライトのいる昨年の覇者で国内戦(全レースダート)無敗のクリソベリル
父がゴールドアリュールで力のあるゴールドドリーム
父が同じくゴールドアリュールで力のあるサンライズノヴァ
父が米3冠馬のアメリカンファラオで未知の魅力のカフェファラオ
父が14戦全勝の怪物フランケルで芝とダートのG1馬のモズアスコット



運命に噛みついた馬―サンデーサイレンス物語

クリソベルリの父ゴールドアリュールは、大種牡馬サンデーサイレンス産駒唯一のダートG1勝ち
posted by june at 04:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする